<第13講目>『あいさつの4ヶ条』で、相手の心に迫ろう!

2017年7月11日|カテゴリー「TAMA先生
みなさん、こんにちは。
「3分くらいでわかる!研修講師TAMAのワンポイントレッスン!」第13講目を始めます。
<第13講目>『あいさつの4ヶ条』で、相手の心に迫ろう!
今回のテーマは、


『あいさつの4ヶ条』で、
 相手の心に迫ろう!


です。
◎○ 「あいさつ」とは? ○◎

そもそも、「あいさつ」とは何でしょうか。

あいさつを漢字で書くと「挨拶」です。

「挨(あい)」という漢字には「後から押す」「近づく」という意味を、
「拶(さつ)」という感じには「迫る」という意味を持ちます。

もともとは禅宗の修行法の一つといわれる禅問答から来た言葉とされていますが、
私たちは「挨」を「自分の心を積極的に開いて近づく」という意味として、
「拶」を「心を開いた状態で、人の心に迫る」という意味としてお伝えしています。
 
人間関係の第一歩はあいさつからと言われており、
私たちはごく普通のこととして日々、あいさつを行っていますが、
あらためて「あいさつ」について考えることは、あまりありません。

そこで今回は、ビジネスにおいて、周囲の人の心に迫るための、
『あいさつの4ヶ条』をご紹介したいと思います。

◎ あいさつの4ヶ条 ○◎

『あいさつの4ヶ条』は、頭文字が「あ」「い」「さ」「つ」で始まります。

「あ」:明るく、温かく

「明るく温かいあいさつが大事」というのは、ごく当たり前のことだと思います。
明るく、温かいあいさつは、周りの人に安心感や信頼感を与えます。
そのことが、協調性の向上や人間関係の構築にもつながり、物事がスムーズに進みます。

あいさつの「あ」は、あいさつをする上での大前提、大原則と言っても過言ではないでしょう。

「い」:いつでも、誰にでも

思いがけないつながりから、ビジネスが発展することは少なくありません。
訪問や電話だけではなく、例えば会社の同じビルの中にいる他企業の方や業者の方、
お昼ご飯を買いに行くお店の方などから、ビジネスのつながりが生まれることもあります。

わたしたちはつい、知っている人だけにあいさつをしがちですが、
上記にあげた思いがけないつながりを持つためにも、
いつでも、誰にでも、積極的にあいさつをしておきたいものです。

「さ」:先に、すすんで

あいさつは人より先に行うことが大切とされています。
先にあいさつをするということは、相手よりも早く好意を示すことです。

先に好意を示された人には、その人に好意を示そうとする意識が働きます。
この機能はよく「返報性の原理(好意の返報性)」として説明されます。
先にあいさつをすることが、相手の好意を引き出すことにつながるのです。

「つ」:続けて、次の言葉を

あいさつの「つ」には二つの意味があります。
一つは、「挨拶という行為を続ける」ということです。
いつもしてくれていた「あいさつ」が無くなってしまうと、
相手との間に溝ができてしまいます。
また、あいさつをやめてしまうと、「今さら・・・」という意識が働き、
あいさつを復活させづらくなってしまいます。
そのため、あいさつは一度きりではなく、続けることが大切です。

もう一つは、「あいさつに次の言葉を加える」です。
「次の言葉」とは、相手との会話を続けるための言葉です。
「おはよう、今日は暑いね~」
「こんにちは。あ、今日のネクタイ素敵ですね!」
のように、あいさつの後にプラスαの言葉を続けることで、
相手とのコミュニケーションがより活発になります。

以上が、あいさつの4ヶ条(「あ」「い」「さ」「つ」)です。


◎○ 「あいさつ」にもトレーニングが必要 ○◎ 

誰でもできる「あいさつ」でも、日頃から実践していないと、
そのスキルが錆びついてしまうものです。
また、あまり普段から「あいさつ」をしていないと、
改めて「あいさつ」をすることが億劫なものになりがちです。

そのため、まずはご家族やご近所の方、一緒に働く会社の方などへの「あいさつ」を通じて、
スキルの錆びつきや億劫さを少しずつ取り除いていくことが望ましいでしょう。

研修では、主に新人研修などで、「あいさつ」の重要性や4ヶ条の具体的な実践ポイントをお伝えし、
「あいさつ」のスキルトレーニングを行っていただいています。


それでは、「3分くらいでわかる!研修講師TAMAのワンポイントレッスン!」
第13講目を終了いたします。


◎○ 次回もお楽しみに! ○◎