動画学習教材販売

動画販売
JBMコンサルタントが自信を持ってお勧めする研修動画コンテンツ、eラーニングのご紹介です。
各動画コンテンツに応じて、動画データ購入プラン定額制(動画配信サービス)がございます。

オンライン/テレワーク

オンライン会議ツール(Zoom)の基本活用
オンライン会議ツール(Zoom)の基本活用
Zoomを用いる際の、基本的な使用方法や必要な事前準備等について学びます。参加者としての視点と、自らホストとなって会議を開催する場合の2つの視点で、それぞれの基本操作や注意点について学びます。
テレワーク時の働き方の基本
テレワーク時の働き方の基本
テレワークで期待されていることを理解した後、テレワークを行う際の心構えや適切な働き方について学びます。また、Web会議に参加するときのルールや注意点についても学びます。

ビジネスマナー/仕事の基本

01_事務スタッフの役割と心構え
事務スタッフの役割と心構え
「企業とは何か」を考え、組織体系、それぞれの階層の役割等を理解します。そのうえで「相手のことを考え行動する」など事務スタッフに求められる心構えやスキルを学びます。
02_職場のマナーと守るべきルール
職場のマナーと守るべきルール
あいさつ、身だしなみ等のビジネスマナーや、時間厳守・報連相・コンプライアンス等の仕事のルールを学びます。また、コンプライアンス違反の例も紹介します。
電話応対の心構えと応対の基本①
電話応対の心構えと応対の基本①
電話応対の心構えや基本姿勢について理解を深め、「正確・迅速・丁寧」な電話応対のポイントを学びます。また、電話の受け方・かけ方についてもフローに沿って確認します。
電話応対の心構えと応対の基本②
電話応対の心構えと応対の基本②
社名の名乗りは企業の看板であることを認識し、名乗りの具体的なポイントを学びます。電話の受け方など、応対の流れに沿って具体的なフレーズで学ぶことができます。
シンプルな線
言葉遣い(敬語の使い方)
言葉遣い(敬語の使い方)
敬語の基本(尊敬語・謙譲語・丁寧語)を具体例を用いながら理解を深めます。また、間違いやすい敬語やアルバイト言葉等のよくある言葉遣いの誤りについても学びます。
接遇用語・ビジネス用語の使い方
接遇用語・ビジネス用語の使い方
ビジネスにおける接遇用語やお客様に対する言葉遣いを学びます。また、お客様を不快にさせない言葉遣いを電話応対の場面に合わせて学びます。
文章作成のポイント
文章作成のポイント
ビジネス文書の種類(社内・社外)に合わせて文書作成のルール等を学びます。また、わかりやすい文書を作成するコツ(ストーリーラインを作成する等)についても学びます。

OAスキル

Eメール対応の基本
Eメール対応の基本
Eメールの基本的な書き方やマナーについてサンプルを用いながら具体的に学びます。また、Eメールの注意点を理解し、メリット・デメリットを認識します。
仕事で使うエクセルの基本
仕事で使うエクセルの基本
ビジネスで必要となる基本的なエクセルの使い方について学びます。計算を含む表の作成、表の整え方を例に具体的な操作をわかりやすく学びます。
便利なエクセル機能
便利なエクセル機能
データ分析や資料作成に役立つ「グラフ機能」について学びます。様々なグラフの効果、特徴と作成方法について学び、効率的な業務に活かします。

コールセンター/クレーム応対/接遇

受付業務の基本
受付業務の基本
受付、ご案内の仕方を各シーンの画像を見ながら学びます。迷いやすい席次の知識、名刺交換、お茶出しについても一つ一つ丁寧に解説しています。
会話の基本テクニック
会話の基本テクニック
会話のキャッチボールを意識し、クッション言葉・肯定表現を活用することを学びます。また、否定表現を肯定表現に変換する伝え方についても学びます。
受付業務の応用①
受付業務の応用①
お客様をお迎えするにあたり、事前準備から当日のご案内まで細かく学びます。特に、席次については様々なパターンを図で学びます。よくある質問にもついても解説を加えています。
受付業務の応用②
受付業務の応用②
慶弔のマナーと対応について学びます。通夜や葬儀の服装、マナー、不祝儀袋の書き方等を学びます。結婚式等の招待状の返事、祝儀袋の書き方も解説しています。
シンプルな線
アポなし来客・テレセールス業の断り方
アポなし来客・テレセールス業の断り方
会社の受付や総務・秘書、あるいはそれに準ずる職務にある人の応対のあり方について学びます。アポなし来客、テレセールス等の断り方や、判断力、機転について学びます。
クレーム応対の基本的考え方
クレーム応対の基本的考え方
クレームの考え方から、クレーム応対のポイントについて学びます。クレームの種類や、クレーム応対のプロセスに沿った対応の仕方について学びます。
来客や電話でのクレームの対応
来客や電話でのクレームの対応
クレーム応対のプロセスに沿って、それぞれのプロセスで必要となるスキルについて学びます。謝罪、傾聴、質問スキル等具体的な文言についても触れながら学びます。
Eメールでのクレームの対応
Eメールでのクレームの対応
Eメールでのクレーム対応方法について学びます。Eメールの特性も踏まえたうえで、様々なパターンに対するEメールの作成方法について学びます。
シンプルな線
販売スタッフの役割と心構え
販売スタッフの役割と心構え
販売スタッフに求められる役割について考えます。サービスマインドを持ち、お客様を観察したり、お客様の話を聴く・話すスキルを磨くことを学びます。また、チームプレイの重要性を理解し、CSの3Rについても学びます。
お客様の迎え方(笑顔・立居振る舞い・身だしなみ)
お客様の迎え方(笑顔・立居振る舞い・身だしなみ)
メラビアンの法則を理解し、表情・立ち居振る舞い・身だしなみについて確認します。笑顔の作り方、立ち姿、お辞儀のコツ、身だしなみのポイントを学びます。
話し方・聞き方のポイント
話し方・聞き方のポイント
わかりやすい話し方、信頼を得る聞き方、フィードバックの仕方を学びます。相づちのバリエーション、相づちの打ち方からフィードバックの仕方まで効果的な聞き方について学びます。
接客話法
接客話法
8大接客用語をトレーニングも交えて学びます。また、お客様をお迎えする待機場面からお見送りまで、それぞれのシーンに合わせた言葉がけを学びます。
シンプルな線
応酬話法
応酬話法
セールスにおける応酬話法の考え方とそのポイントについて学びます。お客様の否定の意見に対して、直接否定法、イエスバット法など、様々な話法を用いて話し、お客様との良好な関係構築を目指します。
店舗でのクレーム対応①
店舗でのクレーム対応①
店舗における対面のクレーム対応の手法を学びます。クレームとは何か、どのように受け止めたら良いかを考えます。また、お客様の満足度を下げないための5つのポイント(身だしなみ、表情、立ち居振る舞い、声の表情、言葉遣い)を学びます。
店舗でのクレーム対応②
店舗でのクレーム対応②
店舗にてクレームが起きた際、お客様の満足度をマイナスからプラスに変えるために、クレーム応対のプロセスと応対に必要な5つのスキル(謝罪、傾聴、質問・確認、説明・提案、クロージング)を学びます。
ラウンダーとしての心構えと役割・スキル
ラウンダーとしての心構えと役割・スキル
ラウンダーとしての職務につくにあたっての心構えやスキルを学びます。ラウンダーの仕事内容と求められるスキル(マナー、コミュニケーション、接客、課題解決、デザイン)について学びます。
シンプルな線
コミュニケーターの役割と心構え
コミュニケーターの役割と心構え
コールセンターの業務や組織体系、目的について理解を深め、コミュニケーターの役割、心構えを学びます。クライアント組織の代表としてお客様とつながっている意識を持つ重要性を理解します。
コールセンターのマナーと守るべきルール
コールセンターのマナーと守るべきルール
コールセンターでチームワークを発揮するために欠かせないあいさつ、身だしなみなどのマナーのポイントや時間厳守、報連相の徹底、コンプライアンスといった基本ルールを学びます。
電話でのクレームの対応①
電話でのクレームの対応①
クレームの種類等理解したうえで、クレームを未然に防ぐ電話応対の5つのポイント(名乗り、名前の呼びかけ、あいづち、クッション言葉、ありがとうの活用)を学びます。
電話でのクレームの対応②
電話でのクレームの対応②
クレームのプロセスに沿って、それぞれのプロセスで必要となるスキルについて学びます。謝罪、傾聴、質問スキル等具体的な文言についても触れながら学びます。
シンプルな線
SVとしての心構えと役割・スキル
SVとしての心構えと役割・スキル
コールセンターの目標を達成するために必要となる、指標の理解、活用について学びます。定量的に現状を分析することの重要性とマネジメントへの活用方法をPDCAサイクルで学びます。
指標管理の重要性と読み方①
指標管理の重要性と読み方①
コールセンターの目標を達成するために必要となる、指標の理解、活用について学びます。定量的に現状を分析することの重要性とマネジメントへの活用方法をPDCAサイクルで学びます。
指標管理の重要性と読み方②
指標管理の重要性と読み方②
主要なKPI(応答率、CPC、稼働率、AHT等)の定義を学び、KPIを活用するうえでの具体的事例や数値を用いて実戦感覚を身につけていただきます。
モニタリングの効果と手法
モニタリングの効果と手法
モニタリングの目的、効果を踏まえ、その種類、手法を学びます。評価をする際の注意点(ハロー効果、イメージ効果、逆算化傾向、寛大化傾向、中央化傾向等)についても学びます。
シンプルな線
フィードバックの効果と手法
フィードバックの効果と手法
コールセンターにおいて、指導者がコミュニケーターに対して面談形式でフィードバックする際の方法やポイントについて学びます。ティーチング、コーチング、トレーニング等の手法を学び、コミュニケーターのモチベーション向上や行動の改善を図ります。

営業/伝えるスキル

ロジカルライティング
ロジカルライティング
わかりやすい文章に求められる3つの要素(文がわかりやすい、文のつながりがわかりやすい、文章全体がわかりやすいこと)を学び、様々なビジネス文書を作成するためのポイントを学びます。
購買心理と応対の流れ
購買心理と応対の流れ
AIDMAの法則等の購買モデルを踏まえ、購買心理の8段階を理解します。また、実際にお客様が商品を購入する場面を想定し、心理段階に合わせた応対の流れを学びます。
サービスの特性
サービスの特性
サービスの特性について理解し、お客様と接点を持つ瞬間の重要性を学びます。顧客満足の考え方についても学び、ロイヤルティを築くことの重要性を理解します。
効果的なアプローチ
効果的なアプローチ
販売スタッフの方がお客様にアプローチするにあたっての心構えとお客様の信頼を得るための接し方について学びます。声の掛け方からお客様の反応を見てセカンドアプローチするポイントまで学びます。
シンプルな線
製品の提示・説明・クロージング①
製品の提示・説明・クロージング①
お客様に商品を販売する際の、製品の提示・説明の考え方とその手法について学びます。具体例を用いて製品を説明したり、お客様のニーズをくみ取り、購買意欲を促進する方法を学びます。
製品の提示・説明・クロージング②
製品の提示・説明・クロージング②
お客様に商品を購入していただく際のクロージング(最後の一押し)の仕方を学びます。お客様のバイイングシグナルの見極め方、テストクロージングの手法、迷っているお客様への後押しの仕方などを学びます。
来店促進の電話応対
来店促進の電話応対
一度ご来店いただいたお客様に再来店を促す電話応対の考え方とポイントについて学びます。お客様に電話をかける機会は複数あり、その機会(お礼、事前・フォロー等)に合わせたポイントを学びます。
勧奨の電話応対
勧奨の電話応対
過去にご来店いただいたお客様に電話をし、商品の際購入や新商品をお勧めするポイントを学びます。推奨コールのフロー(アプローチからクロージングまでの7ステップ)に合わせたポイントを学びます。
シンプルな線
ロジカルプレゼンテーション
ロジカルプレゼンテーション
お客様に商品・サービスの提案をする販売シーンにおいて、お客様に納得感を持っていただくためのスキルについて学びます。お客様と双方向の会話をする中で、ニーズを引き出し、そのニーズに応じた提案を論理的に行うスキルを学びます。
電話によるセールス勧奨(アプローチからクロージング)
電話によるセールス勧奨(アプローチからクロージング)
アウトバウンドによる営業のアプローチからクロージングまでの流れと考え方を学びます。また、お客様に納得していただくための会話のポイントについて学びます。
顧客心理を読み取った対応文作成
顧客心理を読み取った対応文作成
顧客対応を行ううえで知っておくべき書き言葉の特性を知るとともに、顧客心理を考慮した文章作成についての注意点を学びます。お客様の癇に触らない、お客様を立てる、お客様に共感する等、お客様に寄り添った文章を作成するコツなどを学びます。
発声発音
発声発音
良い声の条件を意識し相手に伝わる明瞭な声が出せるよう、発声発音のトレーニングを実施します。腹式呼吸の練習方法についても解説します。また、より伝わりやすくする語調を勉強します。

考えるスキル

論理的思考法
論理的思考法
論理的に伝えるために必要となる演繹法・帰納法の考え方を理解します。演習考察を踏まえながら、その活用のポイントについて学びます。
MECEとロジックツリー
MECEとロジックツリー
現場の課題解決に必要となるMECEの考え方を学び、モレなくダブりなく掘り下げるロジックツリーについて具体例を用いて学びます。
モチベーションの基本と行動
モチベーションの基本と行動
モチベーションがどのようなものか、人の「やる気」を左右する要因が何なのかを学びます。また、モチベーションに関わる、人の行動特性を理解し、職場で活用することを目指します。
顧客満足
顧客満足
顧客満足とは何かを考え、顧客満足を得るためにはどのような考えが必要なのかを学びます。ジョングッドマンの法則など、顧客満足が重要視されるきっかけとなった考え方についても学びます。

部下育成/マネジメント

リーダーとしての心構えと役割・スキル
リーダーとしての心構えと役割・スキル
リーダーの役割、チームのマネジメントとは何かを学び、「「ヒト」「モノ」「カネ」の管理の必要性を理解します。また、PM理論を学び、リーダーシップを発揮する方法を学びます。
人材管理の考え方
人材管理の考え方
人材の重要性、人材管理のプロセスとポイントについて学びます。採用・配置・評価・育成・処遇のプロセスに沿って実施することを解説しています。ただ単にプロセスを回すだけでなく、動機づけが重要であることを学びます。
人材育成の手法
人材育成の手法
人材育成の考え方、Off-JTとOJT、認めることの重要性について学びます。行動変容に焦点を当てた人材育成について学び、上位概念・下位概念を理解し、相手に伝わりやすい指導を目指します。
面談法
面談法
チームメンバーに対して効果的な面談を行うためのポイントについて学びます。ティーチャー、コーチ、パートナーの役割を使い分けて相手の話を引き出す方法も学びます。
シンプルな線
自社の理念・ミッション
自社の理念・ミッション
企業の存在意義・理念(ミッション・ビジョン・バリュー等)について他社事例を用いて考えます。また、管理者の役割として理念を浸透させていくことの重要性を学びます。
管理者の位置付けと役割
管理者の位置付けと役割
社内の職位、管理者の位置づけを理解したうえで、組織戦略と組織目標を設定する必要性を学びます。PDCAサイクルを回し続け、目標を達成することを理解します。
目標・計画の立案・実施
目標・計画の立案・実施
目標と目的の違いを理解したうえで、目標の立て方、立てた後の注意点を学びます。また、WBSを作成すること、実施のポイントについても学びます。
マネジメントに必要なスキル
マネジメントに必要なスキル
マネジメントに必要なテクニカル・ヒューマン・コンセプチュアルスキルについて理解を深め、実践のために必要な5つの力(説明力・自己表現力・把握力・公平力・推進力)を学びます。また、フィードバックすることの重要性を理解します。
シンプルな線
タイムマネジメントの重要性
タイムマネジメントの重要性
タイムマネジメントとは何か、その効果を知り、スケジューリングの方法を学びます。また、管理者として率先垂範することの重要性など、運用するうえで知っておくべきポイントを学びます。

コミュニケーション/組織強化

チームビルディング
チームビルディング
チームが同じ方向を向いてまとまり、同じ目標に向かって最大限のパフォーマンスを発揮するためのポイントを学びます。また、人間関係の善し悪しが、チームのパフォーマンスに影響を与えることも理解します。
コミュニケーション理論と実践
コミュニケーション理論と実践
コミュニケーションの本質について考え、情報をやり取りするための手段について学びます。また、5W1Hを活用したコミュニケーションの取り方を学びます。

業務改善

業務改善におけるPDCAサイクル①
業務改善におけるPDCAサイクル①
PDCAの考え方からPDCAサイクルにおいて最も重要な「計画」について学びます。計画作成のコツや落とし穴について事例を元に考えます。また、PDCAを回し続ける重要性を認識します。
業務改善におけるPDCAサイクル②
業務改善におけるPDCAサイクル②
PDCAサイクルを回すための「実行」「評価」「改善」について学びます。計画を実行する際は成果を見える化する、評価する際は問題を発見する、改善する際は課題に対処することなどを学びます。

研修動画コンテンツご利用方法

研修動画販売_データ購入
データ購入
一覧に記載の動画教材コンテンツ自体を1本からご購入いただけます。
イントラネットやLMSに載せたり、多数の社員に配ることが可能です。

◎動画形式:MP4
◎販売価格:200,000円(税込 220,000円)/本

★お得なまとめ買いプランもございます。
◎3本以上ご購入の場合
150,000円(税込 165,000円)/本
研修動画販売_定額制
定額制(動画配信サービス)
一覧に記載の動画教材を視聴できる環境をご提供します。(1本より配信可)
配信システムをお持ちではない方でも、期間内であればいつでも何度でも視聴できます。

◎ご利用料金(月額)
1~5本   :10,000円(税込 11,000円)
6~20本 :20,000円(税込 22,000円)
21本~   :30,000円(税込 33,000円)

VIMEOというプラットフォームを通じてご提供します。
※ご利用人数無制限、視聴管理はございません。
※ご利用期間は半年間です。(半年後からは毎月自動更新)
※ご利用を終了される際は1ヶ月前に連絡をお願いいたします。
※月末にご請求いたします。
JBMのえらべる、eラーニング、いいもん
JBMのeラーニング『eもん』

教育効果を高めるポータル機能が充実!受講管理も一元化
一流の専門機関や講師が監修した、615コースが受け放題

自学自習教材作成プログラム
自学自習教材作成プログラム

オリジナルの業務マニュアルEラーニングコンテンツ問題集など、従業員の皆様が自学自習できる教材を作成します!
20年以上の実績がある人材育成のプロのノウハウを詰め込んだ、クオリティの高い教材をお約束いたします。

お問い合わせ

 

※ お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください
トップへ戻る