vol.1 : 座右の銘は『コールセンターを愛してます!』がキャッチフレーズのさつき先生とは?

2017年2月7日|カテゴリー「さつき先生 ,さつき先生アーカイブ
こんにちは。JBMコンサルタントの「さつき先生」です。
ブログの連載に先立ち、今回は初回でもありますので自己紹介と今後どんな内容の
「ちょっといい話」をお届けしていくか、少しだけ紹介します。

私は古くはコールセンターの第一期と言われる1990年初めからコールセンター業務に
携わり現在に至るまで、ずっと新規のコールセンター立ち上げや海外でのコールセンター業務、
現場マネジャーを初めアナリスト・研修統括からセンター長、センター経営まで幅広く
経験を重ねてきました。
私のビジネス人生=コールセンターと言っても過言ではありません。

座右の銘として自らのキャッチフレーズとしている言葉があります。
「コールセンターを愛してます!」
コールセンターが好き・大好きを超越して「愛しています」という次元まで愛着を持って
仕事をしています。
講演や研修などの際にはこの言葉をよく使いますが、これは一種の自分への戒めとして使っています。
「コールセンターを愛してます」という人間が、何か質問をした際に「こんな事も知らないの?」、
「こんな事も解決できないの?」と思われないための自分への戒めの言葉でもあります。


このコラムでは古今東西を問わずコールセンターで働く方や関係者の皆さんが「ちょっといい話」
として、何か役立つ情報を発信していきたいと思います。

例えば、今後これらの内容のちょっといい話をしていきたいと思います。

AIは今やコールセンターでも昨年の流行語大賞のようになってますが、実際コールセンターに
 おけるAIの他社活用事例や今の現在地はどのような状況なのか?


■ 最近CX(カスタマーエクスペリエンス)という言葉を良く聞くようになったが、
 正直CS(カスタマーサティスファクション)と何が違うの?


■アーラン式って何? AHTとかCPCとか何かと3文字のローマ字短縮語が多いが、
 その意味や何が重要なのかわからない。


■コールセンター現場で起きているあるある話から、こんな事を知っているとちょっと「鼻タカさん」
 になれるよという話など。


とかくコールセンターの現場は戦場であったり、疲弊して楽しくないと言われることも少なくなりません。
このコラムを読んで、「今日から役立つコールセンターのちょっといい話」を明日からの職場の会話の
一つにしてもらうと嬉しいです。