【中級管理職向け】部下育成(コーチング応用編)研修

部下のタイプ分けを行い、部下のタイプに応じた指導ポイントを明確にする
①職場での効果的な指導を行うために、自身と部下に対するタイプを深める。
②目標達成に向け、各タイプの特徴に応じた職場での指導スキルの向上を図る。
■オリエンテーション

■部下のタイプに応じた効果的な指導法①
 (1)部下を把握する方法
 (2)部下へフィードバックを行う際の留意点
 (3)人の4つのタイプ分け
 (4)自己のタイプ分け診断の実施
 (5)各タイプの特徴を知る

■部下のタイプに応じた効果的な指導法②
 (1)コントローラーが好む指導法
 (2)プロモーターが好む指導法
 (3)サポーターが好む指導法
 (4)アナライザーが好む指導法

■部下のタイプに対する理解を深める
 (1)部下のタイプ分けを実施
 (2)タイプに応じた指導ポイントをまとまる

■コーチングの実践ロールプレイング
 (1)事例を使ったコーチングロールプレイング
 (2)フィードバックによる気づきの付与

■代表者による実践ロールプレイング②
 (1)事例にもちいたロールプレイング
 (2)フィードバックによるポイントの全体共有

■今後に向けた課題設定



※1日(7時間)研修のカリキュラム例です
※ご要望等に応じてカスタマイズ可能です。ご相談ください



※お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください