効果的な応対トレーニング法研修

応対品質向上に向けた、具体的な応対トレーニング方法を理解する。
センター内で、効果的なロールプレイング指導ができるようになる。
① 応対スキルアップに向けた具体的なトレーニング方法を理解する
② ミニロールプレイングを通して体得を目指す
■オリエンテーション
-講師・受講生自己紹介
-研修の目的と進め方

応対品質向上が必要な理由
-コールセンターで求められる顧客満足
-人の印象を作る要素

■基本スキルのトレーニング
-音声表現
-明瞭な発声
-話すスピード
-ミニロールプレイング

■言葉遣いのトレーニング
-敬語・接遇用語の理解
-よくある間違えている言葉遣い
-クッション言葉
-ミニロールプレイング

■INPUTスキルのトレーニング
-相づち
-受け止め表現
-確認する
-ミニロールプレイング

■OUTPUTスキルのトレーニング
-伝わる説明
-NGな言葉
-受け入れやすい表現
-よくある言葉癖
-ミニロールプレイング

■ロールプレイング実践
-ロールプレイング実践
-講師・相互フィードバック

■まとめ
-質疑応答
-今後に向けてのエール

※1日(7時間)研修のカリキュラム例です。
※ご要望等に応じてカスタマイズ可能です。ご相談ください。



お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください