指導に苦慮するオペレーターへの対応と自身のメンタルマネジメント

指導に苦慮するオペレーターへの対応を考えると同時に自身のメンタルマネジメントのヒントを得る


①指導に苦慮するオペレーターについてタイプ別のコミュニケーションも踏まえて考える
②ケーススタディを用いて、オペレーターへの対応方法を検討する
③自身のモチベーションの保ち方について学ぶ
■オリエンテーション
・主管部様ご挨拶
・講師自己紹介

■指導に苦慮するオペレーターへの対応方法
・タイプ別診断を参考にしながら苦慮するOPのタイプを考える

■様々な場面でのケーススタディ
・事前課題を基にしたケースの対応方法を考える(例:年上、反抗的、ネガティブなオペレーターへの対応方法についてグループディスカッション)
・オペレーターの設定に合わせてフィードバック場面のロールプレイング(時間見合い)

■自身のメンタルマネジメント
・自身のモチベーションを保つ方法
・リフレーミング

■本日のまとめと事後課題
・本日のまとめならびに質疑応答


お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください