SFA(Sales Force Automation)
パソコンやインターネットなどの情報通信技術を駆使して企業の営業部門を効率化すること。
また、そのための情報システム。マーケティング機能、製品情報/販促ツール情報の提供、取引履歴管理、進捗管理、コンタクトセンター機能などがサポートされる。


ITシステムでの顧客管理には「CRM(Customer Relationship Management=顧客管理システム) 」と「SFA(Sales Force Automation=営業支援システム) 」がある。

CRMは「顧客関係管理」であり、顧客情報を蓄積、分類・分析するシステムである。一般的に消費者情報の管理に適しているといわれる。
対して、SFAは「営業支援システム」で、営業活動やTODO管理、案件管理機能が主に備わっている。一般的に法人営業を効率化するのに適しているといわれる。