【新入社員向け】レジリエンス研修~しなやかで折れない心をつくる~

レジリエンス研修~しなやかで折れない心をつくる~

レジリエンスとは

「逆境にさらされた時」「新たな挑戦をする時」の強いストレスやプレッシャーに直面しても乗り越えられる「しなやかで折れない心の強さ」を表すポジティブ心理学の概念です。
予測不可能な環境変化や先の読めない状況の中でも”力強く、しなやかに”変化や逆境を乗り越えることのできる人材が今求められています。
レジリエンス研修は、逆境や困難を乗り越え、成長の糧にする力を養うための研修です。

カリキュラム(例)

1.オリエンテーション
◇本研修の目的をご担当者様から発表いただき、受講者の参加意欲を高める。


2.レジリエンスとは

1)ストレスと心の関係
2)ストレス体験の共有

◇レジリエンスとは何か、ストレスの知識について学ぶ。
◇日頃、どのような場面でストレスを感じているか、参加者同士で話し合い、共有する。


3.タイプ別ストレス対処法

1)エゴグラムチェック
2)タイプ別のストレス対処法

◇交流分析の手法を用いて、自身のコミュニケーションや行動の癖を確認する。
◇タイプ別にどんなときにストレスがかかりやすいかなどの傾向を確認する。


4.ストレス解決法

1)ストレスを解決する対処の種類と方法

◇ストレスの解決法について、様々なアプローチとその効果を学ぶ。


5.自己共感力を高め、セルフリーダーシップ力を養う

1)観察 事実と感情の見分け方
2)感情の扱い方 
~ネガティブな感情、身体感覚をどう扱うのか ・感情の源を探究する
3)反応的なコミュニケーションの本質を見極める
4)共感サークル 

◇共感コミュニケーションのテクノロジーを理解し、脳、ホルモンバランスの状態を整え、自己のパフォーマンス力が発揮できる状態へセッティングする。 日常の中での小さなとげをていねいに扱う、レジリエンス力を身につける。
◇ペアにて、事実と解釈の違いについて確認する。また、グループにて気持ちと状態を推測する。
◇自身の感情とニーズを言語化する練習をする。また、グループにて内発的源を推測する。
◇共感とは何かを理解し、自分に寄り添い、自分の考え、状態を大切に言語化する練習をする。


6.他者共感力~自らの力で現状から抜け出す力を養う

1)他者共感力とは
2)正直な自己表現力

◇現状を変えるために、どのようにリクエストをすることができるのか、具体的なリクエスト方法を練習する


※1日(7時間)研修のカリキュラム例です
※ご要望等に応じてカスタマイズ可能です。ご相談ください



※お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください