【よ】欲求段階説<労1>

人間の欲求を5段階の層としてモデル化したもの。
アメリカの心理学者アブラハム・マズローが提唱した。
「生理的欲求」が最も低い次元の欲求で、
以下「安全の欲求」「社会的(愛・所属)の欲求」「承認の欲求」が続き、
最も高次の欲求として「自己実現の欲求」が現れるという。
c03e0be10f53a9ab83a156d8c8a5bef1
マズローの欲求段階説は6段階(最も高い次元は”自己超越”)で示されることもありますが、最もポピュラーな5段階を仕事を使ってざっくり説明すると

「生理的欲求」・・・生きるための給料を得たい
「安全の欲求」・・・安定したい
「社会的欲求」・・・自分の役割を知りたい
「承認の欲求」・・・認められたい
「自己実現の欲求」・・思うようになりたい

となります。

管理者は、上記5つのうち、メンバーが上の3つを満たせるような仕組み作りを考えることが求められます。


例えば、

「社会的欲求」を満たすために

 ⇒明確な役割を明示して、動機づけする

「承認の欲求」を満たすために
 ⇒認められる成果を出すためのスキルを付与する
「自己実現の欲求」を満たすために
 ⇒チャレンジの機会を与え、仕事を任せる

労務管理『1分間』用語集