【東京エリア】管理者のためのメンタルヘルス研修(ラインケア)

管理者のためのメンタルヘルス研修(ラインケア)
管理者のためのメンタルヘルス研修(ラインケア)
~ハラスメントの基礎理解と防止への取り組み


今やメンタルヘルス問題は企業におけるリスクマネジメントが問われる問題となりました。ひとたび裁判ということになれば、労働者にとって圧倒的に有利な判決が下されるというのが現状です。


不調者が出てから対応していては遅すぎます。本研修では日頃から気にかけるべき視点と、いつもと違う様子に気づいた際のかかわり方、より部下の能力を発揮させるコミュニケーション術について学んでいただくことができます。

2018年1月30(金)13:30~17:00(受付 13:00~)


12,960円(税込)

申込みされた企業様には開催確定後、お振込のご案内をお送りします。
期日までにお振込をお願いします。振込手数料は貴社のご負担となります。
何卒ご了承願います。



お電話の場合は公開講座担当(03-5777-0301)までお問い合わせください


管理者の方など

8名
※催行最少人数に満たない場合は中止とさせていただく場合もございます。


オリエンテーション

メンタルヘルスに関する基本的な考え方
最近のメンタルヘルスの傾向
メンタルヘルスケアの意義と重要性
改正労働安全衛生法に基づく、ストレスチェック制度とは
ラインケアの重要性とその内容

ストレスマネジメント
職業性ストレスとは
ストレスとうつ病(従来型/新型)

物事の受けとめ方を知る
認知の確認ワーク1&2
「思い込み」から抜け出そう!

部下の能力を発揮させるコミュニケーションの実践
相互理解への聴く力
承認力=認める力が、信頼関係を高める
相手が受け容れられる叱り方
歩み寄るための会話

部下の『いつもと違う』様子に気づくために
『いつもと違う』様子の例
『仕事ぶり』の変化

事例研究:あなたの身近にこういう人はいませんか?

まとめ、質疑応答


森川祐子講師
森川 祐子 講師

JBMコンサルタント 契約講師


大手保険会社にて勤務する傍ら、心理学・カウンセリングを学び、所属カウンセリング事務所を通して、大手通信販売会社にて従業員のメンタルサポートを開始。また、心理カウンセラー養成講座の講師を12年間行うなど育成にも深く携わる。

2004 年よりプロテニスプレイヤーや男子体操競技選手のメンタルトレーナーとしても活動を開始。

2007 年北京オリンピック公式委嘱を受け、心理カウンセラー、メンタルトレーナーとしての活動の幅を広げる。

その後メンタルヘルス不調の要因として栄養状態が大きく影響することを知り、分子整合栄養医学協会にて学び始める。

2010年よりビジネスマナーを学び、ビジネススキル向上を目的とする接遇研修を学び、講師として登壇を始める。

対象者の対応を観察・分析したものを研修に反映させ、現場に即した指導を行っている。また、コミュニケーション研修、コーチング研修など、心理的な効果を狙った研修を得意としており、参加者のモチベーションを高め、結果を出す研修として定評がある。


東京都港区芝公園2丁目11番17号 芝公園下山ビル6階
JBMコンサルタント 東京事務所
※受講人数によって、会場を変更させていただく場合がございます


JR山手線  浜松町駅南口 徒歩10分
都営浅草線・大江戸線 大門駅 A3出口 徒歩6分
都営三田線 芝公園駅 A3出口 徒歩3分

お電話の場合は公開講座担当(03-5777-0301)までお問い合わせください