【た】タレントマネジメント

人材の最適配置や中長期における成長を見通した育成、採用計画の最適化などを通じて、
労働力の確保や企業の長期的な成長、状況の変化に対応していくための人事手法。

従業員が持つ能力や資質、スキルといった「タレント」を一元管理することによって、戦略的に人材開発を進める。
人材育成用語集9(タレントマネジメント)
数年前から優秀な人材の確保や囲い込み、
優秀な人材の抜擢などを目的とした
「タレントマネジメント」の導入が
推進されるようになってきています。

企業の競争環境激化や、雇用の流動化、
労働人口の減少などがその背景にあるといえます。

「タレントマネジメント」の定義は様々ありますが、
従業員の持つ「能力」「資質」「才能」「スキル」「経験」
といったものを可視化し、
集約や分析・評価など一元管理を行うことによって、
配置や人材開発、採用活動などの適正化を図る、
という説明が一般的です。