【ひ】ピグマリオン効果

教師が学習者に期待をかけることによって、学習者の成績が向上する効果が表れること。

アメリカ合衆国の教育心理学者ローゼンタール氏らの実験がその起源とされることから、
「ローゼンタール効果」とも呼ばれている。
人材育成用語集10(ピグマリオン効果)
自ら作成した女性の彫刻ガラテアに恋をし、
人間になることを願ったキプロス島の王ピグマリオン。
それを見ていた女神アフロディーテがガラテアに生命を宿し、
ピグマリオンと人間となったガラテアは結ばれ、
幸せな余生を過ごした。
「ピグマリオン効果」はこういうギリシア神話から、
その由来が来ています。

この逆を意味するのが「ゴーレム効果」です。
ゴーレムは額にemeth(真理)という字が刻まれた泥人形。
「e」の一文字を消すとmeth(死)となり、
ただの土になってしまうという伝承から
その由来が来ています。

期待の大きさやかけ方によって、
期待をかけられた(かけられなかった)方の成果に
大きな影響を与えることを示唆しています。