【は】パレートの法則

イタリアの経済学者であるパレート氏が提唱した法則。

全体の中の一部(約2割)の要素が、全体の要素の大部分を占めているとされる。

「80対20の法則」とも言われる。

例)社会の上位2割の富裕層が世の中の富の8割を保有している
 (8割の非富裕層は社会の富の2割しか占めていない)。