【そ】組織の3要素

アメリカの経営学者チェスター・バーナードが考案した組織が成立するための3つの要素。

・共通の目的
・協働の意志(貢献意欲)
・コミュニケーション

以上の3つの要素が必要であるとされている。
人材育成用語集7(組織の3要素)
近代経営学を確立したとされるチェスター・バーナード氏は、
「組織」を「意識的に調整された2人以上の人々の活動や
諸力のシステム」=「公的組織」と定義し、
それが機能するのに欠かせない要素として、
以下の3つを挙げています。

①共通の目的(common purpose)
②協働の意識(willingness to serve)
③意思の疎通(communication)

どれか一つが欠けたり、バランスが失われることによって、
組織にシステム不全が起こり、
組織の目標達成がなされないという事態に
陥るということを示したものです。

そのことを示した著書「経営者の役割」は、
経営学における古典的名著作として、
いまだ、会社経営に関わる多くの人に読まれています。