【け】ケイパビリティ

組織全体が持つ能力(組織的能力)または得意領域。

直訳すると「実現可能性」。

ケイパビリティを高めることが、他社への優位性の向上や、売上への貢献につながる。