【あ】アセスメントセンター方式

管理職(リーダー職)のマネジメントにおける実践的な能力を多面的、総合的に評価する技法。

実践的能力を複数のディメンション(評価要素)に分け、
その要素についてケーススタディなどを通じて評価を行うのが一般的である。