『クラウドコーチング・マイコ』で若手社員を即戦力化★ビジネスパーソンの成長を支援

社員一人ひとりの日々の行動を変え成果を出す!“強い組織”づくりへ!
クラウドコーチング マイコ


ウィズコロナ時代に入り、オンラインコミュニケーション力は必須のビジネススキルとなりました。
現場からは「対面できない新人教育はどうすればいいのか」「見えないメンバーの評価はどうすればいいのか」そんな声が聞こえてきます。
正解がないVUCAの時代、自律的人材(自ら考え、自ら動ける人)の育成が重要課題ですが、社内では補いきれず、アウトソーシングが求められています。

「クラウドコーチング・マイコ」とは

クラウドコーチングマイコ
自発的な行動を促す


若手社員が自ら考え、自らPDCAを回せるように自発的な行動項目の設定、進捗の見える化、振り返りの徹底を日次・週次で実践可能です。
クラウドコーチングマイコ
1対1のオンライン
成長支援ツール

若手社員1名に対し外部メンター(プロコーチ)1名が付き、組織に最適化し個々のポテンシャルを最大限に発揮するマンツーマンサポートを提供します。

クラウドコーチングマイコ
日々の目標の実践状態、
心の状態の「今」を可視化

「アンケートレポート」や「プロコーチレポート」による組織の状態を客観的に可視化します。「360度評価」も実施可能です。

クラウドコーチングマイコ
組織内で活躍できる
ビジネススキルを向上

新入社員を外部メンター(プロコーチ)がコーチング。実戦経験のあるプロコーチによる毎週の徹底コーチングにより最短距離で目標到達するための行動改善が可能です。テレワークの孤独感も解消します。

クラウドコーチング・マイコは、
『個』の行動変容により、如何に『組織』としてのパフォーマンスを発揮できるか?
にフォーカスした、トータルソリューションです。

管理職~若手社員のモチベーションの源泉に対しても働きかけを行い、 遠隔地、 就業時間のズレ、 縦割り組織、 世代間格差など、 コミュニケーション不足から起こる組織の機能不全を短期間で解消するクラウドコーチングシステムです。

組織の主要な課題に効果を発揮します

クラウドコーチング・マイコは、組織が抱える様々な課題を解決します。
クラウドコーチングマイコ
課題1. 若手社員におけるテレワークの状態が見えない。
クラウドコーチングを通じて若手社員の目標への実践状況を可視化できます。

課題2. 若手社員が成果を出すまで目標の達成をフォローできない。
・若手社員に対してプロコーチが一人ひとりフォローすることで目標達成を促します。
それぞれの組織や社員のタイプに適したプロコーチを選定してアサインします。)

課題3. 若手社員が目標に向けてやる気が続かない。
・ランキング機能で若手社員同士が切磋琢磨することで、組織の活力向上に繋がります。
いいね機能で互いを承認、応援し合えるコミュニケーション環境を構築できます。

課題4. 若手社員それぞれが持つ『個』の力を引き出せない。
・コーチングによって、本人も気づいていない強みの気づきを与えることで、個性の発揮を促すことができます。

課題5. 若手社員の不調の兆しを察知できない。
・プロコーチが若手社員とのやり取りを通じて心身の異常を察知し、休職・離職防止を可能とします。
(管理者画面(人事部専用画面)から若手社員のココロとカラダの状態を一覧で確認できます。)

課題6. 若手社員のメンタル不調による退職で悩んでいる。
・プロコーチによるマンツーマンのフォローアップで、若手社員のメンタルヘルス不調を未然防止・早期発見ができます。


※お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください

プロコーチングで新入社員を即戦力化

業界や職種ごとにビジネスに特化したプロコーチたちが若手社員をフォローアップ

実戦経験のあるプロコーチによる毎週の徹底コーチングにより最短距離で目標到達するための行動改善が可能です。
100名を超えるプロコーチから組織のニーズに合わせたコーチがサポートします。


(1)「会社組織」におけるパフォーマンス向上に特化
「上司」「部下」「同僚」の3つの役割をベースに従業員の行動変容への取り組みを最適化します。
クラウドコーチングマイコ


(2)選考を通過した登録プロコーチのみがフォローアップを担当
カウンセリングやキャリアコンサルタント等の資格所有者や大企業管理職経験等があるコーチが1対1でサポートします。
クラウドコーチングマイコ

(3)毎週実施されるコーチによるフォローアップ

新入社員の行動の振り返りに対するサポートを毎週必ず実施します。
週単位の変化を見逃さない継続的アプローチが若手社員の変化を迅速にキャッチします。
クラウドコーチングマイコ


クラウドコーチングマイコ
新入社員のフォローがうまくいっている”お客様にヒアリングして気づいた、オンラインフォローのポイントをまとめました。

新入社員フォローでお悩みの方はぜひ、参考にしてみてください。

クラウドコーチング・マイコについて

クラウドコーチングマイコ


■ 目標設定ガイダンス
在りたい姿をデザインする
1.目標設定の方法を学ぶ
2.実際に目標を設定する
3.添削により目標をブラッシュアップ
4.目標に対するモチベーションを高める
クラウドコーチングマイコ


■ 日々のふりかえり
ふりかえりの習慣をつける

●毎日ふりかえりをする理由
①今日の出来事を明日に活かす
②目標を自分にリマインドする
③週のふりかえりの材料を集める

●1日30秒!

●実践したかしてないか選択するだけ!
クラウドコーチングマイコ


■ ユーザーの実践状況を一覧で確認

●チェックするポイント
①ふりかえりをしているかどうか
②カラダの状態
③ココロの状態
クラウドコーチングマイコ


■仲間同士で取り組み状況をシェア

ダッシュボード上で競争意識を高めたり、応援し合う仕組みがあります。
クラウドコーチングマイコ
※上記でご紹介した画面は予告なく変更となる場合がございます。

導入した企業様の声

新入社員の離職防止とメンタル強化のために導入した企業様では・・・

導入後、離職者がもしくは大幅に減少! 
利用者の声
◆地方銀行様

①実績
・新入社員 100名
・離職者6名 (前年度1割強)

②人事担当者の声
離職は例年に比べて明らかに減少している。特にうつで辞める人が0人だった。フォローアップコーチからの情報で素早く手を打つことができ、新人に対する時間と労力の軽減につながった。 

③利用者の声
次はこうしてみようと日々目標や改善点を考えながら取り組むようになった。毎週丁寧なコメントがあり、特に落ち込んでいるときには大変励みになった。コメントがもらえるのが楽しみだった。
利用者の声
◆空港サービス提供会社様

①実績
・新入社員13名
・中途社員24名
・離職者0名 (毎年3割程度離職)

②人事担当者の声
過去、離職者0という年はなかったので、効果を実感している。自問自答により自分で考える意識が醸成された。

③利用者の声
毎日の行動チェックで振り返りを習慣化することができた。あまり話すタイプでもないため文字でのコミュニケーションはとても助かった。文字でのやりとりだからこそ伝えることができたこともあった

利用者の声
◆建設資材製造会社様

①実績
・新入社員10名(うち女性2名)
・離職者0名 (前年度2名)

②人事担当者の声
クラウドコーチングには新入社員の良き相談相手となることを求めた。離職0を達成し、かなり高い費用対効果だった。育成リソースが足りない会社にマッチする。

③利用者の声
総合職の女性社員が誰もいない職場なのでとても不安だったが、フォローアップコーチ(女性)が心の支えになってくれた。的確なアドバイスをポジティブに返してもらえることがモチベーションアップにつながった。

プロコーチが、皆様のお悩み解決に向けて全力でサポートします!

ぜひ、ご相談ください!


※お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください

トップへ戻る