【オンライン】仕事と家庭を両立できる 職場環境づくりへ!管理職セミナー【wo_10】

自組織の働きやすさ改善、ダイバーシティ推進、女性活躍推進を考えている企業の経営者、管理職、ご担当者さまにぜひおすすめです。

【オンライン】仕事と家庭を両立できる職場環境づくりへ!
これからの時代に求められる管理職『イクボス』セミナー
~部下の仕事と育児の両立を理解・応援し、成果を出す上司に~


JBMコンサルタントのイクボスセミナー
イクボスとは?
イクボスの「イク」は、イクメンなどのイクと同じで、子育ての育が基です。
「ボス」は英語のbossで、上司のことです。

つまりイクボスとは、「子育てに理解ある上司」、「子育てしやすい環境を整える上司」のことで、職場の部下やスタッフのキャリアとライフ・ワークバランス(育児など私生活と仕事の両立)を応援しながら、組織としても成果を出し、スタッフの生活と企業の成長の両立を目指す上司のことです。


今、企業に求めれられている「イクボス」を知り、子育て社員に対する対応やマネジメント方法をご紹介します。


2020年10月6日(火)13:15~15:15 (13:00から接続開始)

申込締め切り:9月28日(月)中


オンライン会議システム Zoomで実施いたします。

事前に接続テストをいたしますので、安定した環境で受講可能です。



合計3,300円(税込)


お支払い方法:振込

※恐れ入りますが、振込手数料はお客様負担とさせていただいております


■法人様

開催確定後、お振込のご案内をお送りします。


■個人様

自動返信のメールに銀行口座をご案内しておりますので、お振込みをお願いいたします。



管理職、経営者、働き方改革のご担当者など

※同業他社のお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます


定員:30名(最少催行人数5名)



1、オリエンテーション

(1)講師紹介、ねらいとゴールの共有


2、イクボスとは?

(1)自組織の「イクボス」「ダイバーシティ推進」に関する姿勢、制度を改めて理解する

(2)社会環境の変化とダイバーシティ、ワークライフバランス

(3)企業が勝ち抜くためにイクボスが必要な理由


3、子育てと仕事を両立する部下への対応方法<実例紹介>

(1)上司として妊娠報告を受ける場面から育休取得、復帰までの対応

(2)職場復帰した部下との関わり方

(3)部下の「子供が熱を出したので休みたい」への対応

(4)子育て中の女性部下にどこまで仕事を任せるか


4、イクボスに求められるマネジメント

(1)男女問わず皆が働きやすい職場作りとは

(2)多様性を理解したうえでの業務設計

(3)イクボスとしての本気を部下にどう見せるか

(4)管理職が率先してワークライフバランスを実現する



畠中直美 講師
畠中直美 講師

2002年 人材派遣会社入社。
      営業職、コーディネーターを経験、キャリア支援に携わる。
2006年 新規営業所を立ち上げ、管理職になる。
2011年 同社を退職、夫と学習塾を設立。 『Life Skill Training』立ち上げ。
2011年 第一子出産。家業と育児に奮闘。専業主婦へ。
2012年 フリーのキャリアコンサルタントとして活動開始。
2013年 株式会社スマイルママ 副代表に。ラジオMC開始。
2014年 GEMC(ガッツリ営業クラブ)立ち上げ。
      ワーママラボ~ママらしく働くための研究所~ 立ち上げ。
2016年 第二子出産。
2017年 Yahoo!ニュース、ESSE- onlineに連載。一般社団法人チャレンジドLIFE 設立。
2019年 第三子出産。
2020年 発達障がい者のキャリア支援を開始

その他、各種仕事セミナー、就労支援セミナー、キャリアセミナー、コミュニケーションセミナー、営業セミナー、個別キャリアコンサル、企業・官公庁にて講演・就労支援業務、学生キャリア支援等を行う。
現在も、3人の息子の子育てをしながら講師業も精力的にこなす。


 

※お電話の場合は公開講座担当(06-6356-8522)までお問い合わせください。
※お申し込みが完了すると、自動返信メールが送信されます。
届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダなどのご確認をお願いいたします。
1日経っても届かない場合はご連絡ください。