第735回【おすすめ書籍★林修の「話し方」の極意】BY「ぽっちゃま」

2022年6月14日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
こんにちはぽっちゃまです。
今日は私のおすすめ書籍をご紹介します。

"マンガでわかる!林修の「話し方」の極意"
「話し方」の極意
よくTVに出演されている林修先生の書籍です。
この本には、日常生活で活用できる話し方のテクニックが、マンガでわかりやすく紹介されています。
特に新入社員の方や若手の方に読んでもらいたい一冊です

みなさんは一生懸命に伝えているつもりでも、うまく相手に伝わらないと感じたことはありませんか?
わたしはよくあります長年、話し方が下手、うまく相手に伝えられないと悩んでいました。
でもこの本を読んで、その原因が分かり、相手に上手に伝えるためのヒントを得ることができました。
個人的に、特に為になったなぁと思ったことを一部ご紹介します。

✔︎相手に期待するのはNG
「正しいことを言えば相手に通じる」といった思い込みはありませんか?言葉は悲しいほど伝わらないものです。伝わらないのは、相手のせいではなく自分の伝え方が原因だと捉えて、相手に伝わる言葉を選ぶことが重要です。

✔︎権威トレンド
「正しいかどうか」よりも「誰が言っているか」
誰しも経験があると思いますが「この人の言うことなら聞こう」という気持ちがあります。
これは言い換えれば、その相手に「権威」を感じているということです。
何に権威を感じるかは人によって様々ですが、「自分と同じ価値観の人」に権威を感じることが多いようです。
例えば学歴に権威を感じる人であれば、有名大学出身の人に対しては積極的に話を聞こうとします。
他の例でいうと、きれい好きな人は、整理整頓の出来ない人の話を聞きたくないといったよう
なことです。

日常生活の中で相手を観察して
・どんな価値観を持っているのか
・何に関心があるのか
・どのようなことを大切にしているのか
…等、このようなことを探り相手に合わせてコミニュケーションをとっていくことで、話を聞いてもらいやすくなります。
他にも、頼みごとをするときに添える「気遣いのひと言」など、即使える知識が詰まっています。

ぜひ一度チェックしてみてください
トップへ戻る