第718回【研修の適性人数って?】BY「青いネコ」

2022年4月18日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
4月は新入社員研修の時期です。
そこでよく聞かれるのが、「人数が多いんですが、大丈夫でしょうか?」という質問です。
できるかできないかで言えばもちろん人数が多くでも実施は可能です。
ただ、研修のゴールをどこに設定するかで、お勧めの人数は変わってきますし、一般的な目安もありますので、お伝えします。

まず、オンラインの場合は20名程度にとどめていただけるとよいです。
理由としてオンライン(Zoom)の場合、25名までは一画面で全員の顔が収まるので、講師が全員を見渡せます。あとは人数が多くなるとどうしても通信状況が不安定になり落ちやすくなってしまうので、お勧めとしては20名前後です。

対面の場合は通常は30名ぐらいまでは1人の講師でも見られる人数かなと思います。それ以上になると講師の目が行き届かないので、30名を超える場合はクラスを分けるかアシスタントの講師を入れることをお勧めします。

ただ、どうしても費用が掛けられないということであればご担当者様や社内の方がアシスタント講師のようにグループワークでラウンドしていただけると研修の効果が保てると思います。

人数が多くなると受講生が集中しないのではと心配されるかもしれませんが、60名ぐらいでも、巻き込み力に長けている講師であれば集中力を保った研修は可能です。
または、講義部分は人数多く実施し、ワーク部分だけクラスを分けて実施するなど、実施方法を工夫することもできます。

受講者数が多くてどうしようかなと思っていらっしゃる担当者様は一度ご相談いだだけると嬉しく思います
研修の適性人数って?
トップへ戻る