第681回【青いバラ】BY「姉さん」

2021年12月14日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
自然界に存在しない「青い色の花」をご存知ですか?
例えば、菊、チューリップ、カーネーション等。
これらの花には「青い色」は存在しません。
最も有名なのは、バラではないでしょうか。
「青いバラは不可能の代名詞」と言われていました。

不可能といわれると「やってやろうじゃないかっ」と、がんばりたくなるのが人ってもの。
バラの育種家(品種改良をする人)にとって、「青いバラ」を作ることは夢だったそう。

かつて青バラは、遺伝子組換え、青色に染める等といった方法で作り出されていた。
そんな中、2002年に一つの青いバラが発表された。
名前は「青竜」。

遺伝子組換え、青色に染めるといった方法ではなく、一般的な交配による品種改良によって生み出されたバラ。
つまり、純粋な「青いバラ」。
遺伝子組み換えでしか実現不可能と考えられていた常識を覆し、当時としては画期的な品種でセンセーショナルなこと。

「青竜」を生み出した育種家は小林森治さん。
なんと、本業は電気技師のアマチュア園芸家。
40年近く、「青バラ」を生み出すことに没頭したそう。


ということで、苗を購入しました
希少なバラと聞いていたのですが、ネットでポチッとすると簡単に買えた。。
しかし、噂通りやや病弱な子です。自宅の庭の特等席にいつも鎮座されてます。
↓ 
青いバラ「青竜」
青いバラ「青竜」
トップへ戻る