第534回【熟女の星】BY「mannie.fujiyama」

2020年8月25日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
前回はコロナもあって格闘技の試合がなかったので、映画のお話をしました。
試合もボチボチ再開されたのでまた格闘技に話をもどしていきます


格闘技に限らず化学的トレーニングの進化に比例して、様々なスポーツの競技年齢が上がっている。
その中でも女子格闘技は何故か、高年齢で活躍している選手が多い。
30代はもとより40代も多い。
以前、当ブログで取り上げた藤野恵実も今年で40歳だ。


そんな女子格闘技界で熟女の星とでいうべき存在が黒部三奈だ。
黒部三奈
(C)DEEP JEWELS 



大学は、日本大学芸術学部美術学科という芸術肌。
コンピューター・グラフィックスのデザイナーとして働いていたが、32歳の時に「運動不足解消とダイエット」のためにボクササイズを始めたことがきっかけで、次第に格闘技のトレーニングにのめり込むようになり、2012年に35歳でプロデビューを果たした。

この時点で遅咲きもいいところ、、
中高時代もスポーツで大きな活躍はない。
一番の活躍が囲碁部で全国出場くらいである。

想い出創りのデビューレベルかとおもいきや
なんと、2017年にはDEEP JEWELSアトム級タイトルマッチで王者のスギロックに挑戦し、3-0の判定勝ちを収め、39歳にして初の王座獲得に成功したのだ

いやいや、周りはずっと柔道やレスリングしてたり、他のスポーツから若くして転向したりして切磋琢磨している世界。
ところが四十路手前でチャンピョンになってしまうという快挙

2018年にはRIZINで世界王者の浜崎朱加と対戦し残念ながら結果は負けてしまった。
===========================
ちなみにRIZIN参戦時の条件が
「彼氏が欲しいのでいい男紹介してください。マーク・ハントみたいな人がタイプです」
とのことww
===========================

メジャー団体のリングにたってテレビ放送されるだけでも十分なのに、彼女は挑戦をやめない

2019年からは総合格闘技の老舗である修斗(旧シューティング)に参戦。
修斗女子初代スーパーアトム級王座決定トーナメントに出て
2020年8月1日、優勝してしまうのである。

43歳にして世界王者凄すぎる
年齢は言い訳にはできない
彼女をみていると私もまだまだ頑張らねばと力をもらえる。


最後に勝利者インタビュー時の彼女のコメントで〆させていただきます。
===========================
「初代女王を抱きたい男の中の男、出てこいや
===========================
黒部三奈
(C)AbemaTV

ありがとうございました。