第484回【次代のスター候補】BY「mannie.fujiyama」

2020年3月5日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
以前にもブログで書いた「格闘代理戦争」で本当のスター候補が出てきたというお話。


レジェンド格闘家が推薦するアマチュア選手を戦わせて優勝者に賞金とプロ契約を与える当番組。
3rdシーズンは女子総合格闘技トーナメントだったがそこで圧倒的な強さで優勝したのが「平田 樹」だ。

平田樹選手
出展:eFight


優勝後はアジア最大の総合格闘技団体「ONE Championship」と契約し2019年6月にプロデビュー。
その後2連続一本勝ちで、2020年2月に3戦目を迎える。

試合前にはドラゴンボールの「人造人間18号」のコスプレで話題になったり、計量では規定体重はクリアしたものの、ハイドレーションテスト(尿比重検査)をパスできず、キャッチウェイトでの試合になったりと話題も事欠かない。

「人造人間18号」のコスプレ
(C)ONE Championship


そして試合は、、またもや圧勝の一本勝ち
ファイターズハイで2R終了時には変なダンスまで踊ってセコンドに止められる始末。
テンションあがって無意識に出てしまったらしいww
そして試合後は普通の女の子としてインタビューを受ける。


今まで、総合格闘技の世界の舞台で若干20歳にしてここまで強心臓でかつ強い(まだ伸びしろたっぷり)プロ向きの逸材がいただろうか?


キャッチウエイトの試合やダンス、タトゥーに批判があったりするけれど、私は井上尚弥、堀口恭司、那須川天心に次ぐ次世代のスターになると密かに応援してます。

あの青木真也から「彼女は自分がまだ何者かわかっていない(末恐ろしい)」と称賛が送られる彼女。
活きのよい若者が出てきたときに批判するのではなく若気の至りも含めて見守っていきたいと思います