第426回【褒人~ほめんちゅ~】BY「しょうへいへーーーーーい!!」

2019年9月2日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
こないだ、音楽教室の先生が代わりました。

1年半お世話になってましたが、ご懐妊のため、退任なさいました。
そして、1ヶ月半ほど前に男の子が生まれましたよかったな~


で、新しい先生です。

新しい先生も、とてもおもしろい人です。
「サックスはカッコイイがすべて。カッコよくなかったとしたら、何かがおかしい」
という考えのもと、構え方から指の位置から立ち方まで、イチから矯正されました。

サックスの構造はものすごく計算されていて、どこにどう指を置けば早く動かすのにやりやすいかとか、全部決まってるんだってー


最初は窮屈に感じたけど、慣れると確かに動かしやすい

「いいねー滑らか

とか褒めてくれるんです。ウレシイですよね~


次は、音を出す。
吹奏楽部的な出し方でなくて、JAZZ奏者になることを見越して音色を作る。

「せっかくのブロンズ管なのに、ぜんぜんいい音出てないいい音出したいでしょ」とディスられて、「出したいです」とか言い返しながら、バッチバチに指導を受けてます。

そんな、おもしろいけどスパルタな先生ですが、

「ダメー

とか言ってても、できたときには、

「すごいすごいできるやん」「すごい成長

とか言ってくれるんです。ウレシイですよね~

そんなスパルタ先生のアメと鞭にまんまとノセられて、毎週のレッスンが楽しみで通ってしまってます


やっぱり、人は褒められるとウレシイし、もっとやろうという気になる。

もちろん、今あるものを褒められてもウレシイですけど、できるようになったという事実としての「伸び」の部分を褒められるのが、特にウレシイですよね~

お世辞ではないリアリティを感じる

自分も、テレやたどたどしさはあっても、スパルタ先生よろしく、人のことを褒められるヒトでありたいと思う

目指せ、褒人!~ほめんちゅ(造語)~

褒人!~ほめんちゅ(造語)~