第280回【デジタルと自然の融合?】BY「ずっくん」

2018年10月11日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
今回は、少し前になっちゃいますが、
下鴨神社でやっていた「糺(ただす)の森の光の祭り」のことです。

URLをご覧いただいたように、ただただ、美しいの一言です。

糺(ただす)の森の光の祭り
仕掛けているのが、『チームラボ』
アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されているそうです。
チームラボは、「人間と自然」、そして自分と世界との新しい関係を模索して、集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団とのこと。

最近有名なチームラボの猪子氏の「これまで人間が脳内に思い描いたものを表現するためには、イメージを物質に付着させて固定化しなければいけなかったが、デジタルにすることで物質から分離・解放され、表現や概念の幅が広がる。より自由になるポジティブな方法だ」
これが、非常に印象的です。


なるほど・・・デジタルにすることで、『自由』になれると。
これって、今の『働き方、働き方改革』であったり、私たちの業界である『教育』もそうですし、デジタルにすると「効率的だ」でだけはなく、もっとクリエイティブになり、人間のコアな部分に行けると思いました。


もう1つが「あいまいさ、ボーダレス、境界は人間がつくった&本来は世界と非連続的に連動」というキーワードも・・・・
これも書くと長くなるので、またまた。。。


アートは東京・地方でもやっているので、チェックを