第259回【珠玉の名作コレクション】BY「ギリギリミレニアル世代」

2018年9月7日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
こんにちは。
ギリギリミレニアル世代 こと 通称GM世代です。

今回のテーマは「書籍」です。
昨今、電子書籍化が進んでいますね。
私もほとんどはipad中に格納されています。

それでも!書籍として置いておきたい作品がみなさんにもありませんか?
そのうちの一つをご紹介いたします。

これです↓
珠玉の名作
はい。これで分かった人は確実に同世代に近い人です。

そう。バスケット漫画のトップオブトップ「スラムダンク」です
秘蔵のスラムダンク
これを書くために封印を解き放ちました
ちなみに私はバスケット経験は学生時代の授業でしかありません(笑)

この作品は主人公である桜木花道が入部してからインターハイを終えるまでのすごい短い間しか描かれておりません。
でも、そこには数々の名言が残されてます。
それを少し紹介したいと思います。

「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる
「負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる」
観客すら予想をしなかった弱小チームに負けた時の敵チーム監督の一言。

大人になってから深く読んでみると、失敗して落ち込んでも引きずることはないよ。
いつかその経験が活かし方次第であなたの宝物になるよ。
と、感じる名言。
ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!
「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ
高身長のプレイヤー相手にでた一言。

大人になってから深く読んでみると、弱点は短所ではなくて、方法次第では弱点も長所に変えられるよ。
と、考えさせられる名言。


最後に例のシーンですね。
あきらめたらそこで試合終了だよ
コメントは必要ないでしょう。

ここまでで、スラムダンクを知っている方は改めて読みたくなったと思います。
スラムダンクを知らない方は読むきっかけなればうれしいです。

おすすめです
ぜひどうぞ~