第236回【夏といえば?】BY「6分の1」

2018年7月24日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
私にとって、夏といえば…


映画です。


夏の映画は、素晴らしい作品が多くある。

気がします。(完全に個人的な意見です)


映画が好きで良く観に行くのですか、ここ最近観た映画は、人の優しさが溢れて、心が締め付けられるような…泣かずにはいられない作品が多々あり、とにかく毎週、号泣しています
(泣きに行っているといっても過言ではない)


その中でも、私は「オンリーザブレイブ」がダントツ泣きました。
2013年アメリカのアリゾナ州で発生した巨大山火事に立ち向かった消防士を描いた実話です。

オンリー・ザ・ブレイブ

中身について、ここで多くは語れませんので深掘りしませんが…ラストはダメですね。
ハンカチ無しでは観れませんでした。
何よりエンディングが泣ける。

人生何があるかわからない。
いつ、人生に終わりが来るかわからない。
懸命に生きて、大切な人を、大切にしよう。

ありきたりな言葉ではありますが、意外と忘れがちな事。
改めて思います。


あ、なんだか熱くなってしまいました。



熱くなってしまったついでに…

アベンジャーズ大好きな私としては、あの悪役のジョシュ・ブローリンが熱くてめっちゃええやつーかっこえーの役をやっていたのがなんともテンションが上がったポイントの一つでした


まだ上映している所もあるようなので、ぜひ観てみてください


以上。
ただの映画紹介で終わってしまいましたが…
では、また