第157回【春になってちょぴりさびしいこと】BY「ともりん」

2018年3月20日|カテゴリー「スタッフブログ過去ログ
春が目の前にやってきていますね。

春の訪れはうれしいのですが、私の大好きな『かに』のシーズンが終わってしまうのはちょっぴりさびしいです。
ちなみに、日本海のズワイガニのオスの漁期は、3月20日で終了しました。

以前、旅行会社の方に「関西の方はかに好きですよね。冬場は関西エリアだけが、かに目的のツアーのお申し込みで混み合うんですよ。」と言われたことがあり、「えっ?関西人だけだったの?」とびっくりするとともに、「私やっぱり関西人だわ~。」と納得した覚えがあります。

みなさん、『水がに』をご存知ですか?

『水がに』『ずぼがに』『若がに』といろんな呼び名があるようですが、脱皮して間がない若いオスのズワイガニのことで、ちょっと小ぶりで殻が柔らかいのが特徴です。
ズワイガニ保護の観点から、漁ができる時期が厳しく制限されていて(年中禁止というエリアもあります)、なかなかお目にかかれないこの『水がに』を、先日、ついに食べることができました

ふつう、茹でたかには、包丁できちんと切り目を入れなければきれいに食べられないですよね。
でも『水がに』は殻が柔らかいので、手でポキッと折って、引っ張るだけで、不器用な私でもピッカピカの身がスルーッときれいに出てくるのです 
まさに快感&感激です。

タグつきのブランドがににはとても手が出せませんが、安心価格というのもうれしいです。
「かには好きだけど、むくのが面倒だ」という方にはとってもおすすめですよ。
機会があったらぜひ召し上がってみてくださいね。

『かに』とはしばらくお別れですが、次は春を満喫します