【JBM通信】東京開催セミナー始動!ゲストブログ第二弾もあります♪

みなさん、こんにちは。
いつもご愛読ありがとうございます。

「JBM通信」では人材育成に関する様々な情報をタイムリーにお届けしてまいります。
引き続きご愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。

今回のトピックスはこちらです。


■トピックス━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.【お待たせしました!】東京開催のセミナー情報をお届けします!
2.【ゲストブログ】実験!タイムカード集計 vs 勤怠管理システム
3.【TAMAのワンポイントレッスン!】『3つのP』の相乗効果でプレゼンの質を高めよう!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.【お待たせしました!】東京開催のセミナー情報をお届けします!

 東京開催の公開講座がついにスタートします!
 一気に16講座をアップしています。ぜひご参加ください! 

 <6月開催>
 ・6/16(金)組織を成果に導くリーダーとしてのダイアログ(対話)力向上講座
  
  経営層の方・上位管理職、必見!
  組織をまとめ、成果を出すことが求められるリーダーのための特別講座です!

 ・6/28(水)アサーティブコミュニケーション研修
  
  職場内で、お互いが納得できるコミュニケーションの実現へ。
  部下や後輩、雇用形態の異なる社員を管理する立場の方のための特別講座です!
  


  ◆≪大阪開催≫もしもし検定4級受検&3級講座・受検コース 9月受験コース最終募集!
  電話話応対技能検定(もしもし検定)の4級受検と3級講座・受検コースのお知らせです。 
  あらゆるビジネスシーンに対応できるスキルが身につきます。
  
  ・9月受験コース
    4級試験 試験日 6月 7日(水)
    3級講座 実施日 8月22日(火)
    3級試験 試験日 9月 6日(水)
  
    4月19日(水)締切です!お急ぎください!

  その他、新セミナーも続々準備中です!詳細お待ち下さい!




2.【ゲストブログ】実験!タイムカード集計 vs 勤怠管理システム

  毎回ゲストをお招きして、JBMブログに寄稿いただきます。
 
  今回は前回に引き続き、
 ”勤怠管理に人材管理、総務・人事のスペシャリスト”エス・エー・エス株式会社様に
 執筆頂きました。

 「タイムカード集計は実際どれくらい大変なのか?」

 確かに給与担当者様の月末月初のお仕事ぶりを拝見させて頂くと、もう見るからに大変そうですよね。
 特に勤怠締め日からの数日間などは、毎日タイムカードとエクセルと格闘…なんてことも
 (従業員数の多い会社様や、他の業務と兼務しながら実施されているご担当者様などではもしかすると、
 「一週間以上かかってるよ!」なんていうところもあるのではないでしょうか?)。

 分かってはいるのだけど、これまでもずっとこうしてきたし…担当の自分が頑張れば…

 そんな思いをされてきた給与ご担当者の皆様、是非今回の記事を社長/上長の方にお見せください。
 そしてこの記事をご覧の社長/上長の皆様、まだタイムカード運用を実施されていらっしゃる方は是非、
 以下の実験に5分ほどおつきあいくださいませ。




3.【TAMAのワンポイントレッスン!】『3つのP』の相乗効果でプレゼンの質を高めよう!

 「プレゼン(プレゼンテーション)」という言葉から皆様はどのようなことを思い浮かべますでしょうか。

 大勢の観衆を前にした新商品発表会の場や、商品・サービスのコンペの場、
 社内や学生のときの発表会の場など人によってイメージはバラバラかもしれません。

 その中でも「何らかの目的を持って自分以外の人に対して、
 様々な方法を用いて自分が伝えるべきことを伝えること」は共通している行動であるということができます。

 そういう意味では、営業活動における商談や結婚式でのスピーチなども
 広義の「プレゼン」に当たるといえるでしょう。

 それではプレゼンテーションの「P」とはなんでしょうか。

 ある人は「Plot(構想)」、またある人は「People(聴衆)」、さらにある人は「Place(場所)」などを
 プレゼンテーションの「P」としています。
 それくらいプレゼンテーションの「P」は諸説様々です。

 今回はその中でも、最もポピュラーなものと思われる『3つのP』について紹介いたします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 次回配信もお楽しみに♪


 このメールは、JBMコンサルタントのスタッフと名刺交換をした方や、
 セミナーなどを受講いただいた方に配信しています。