【Special】ダイバーシティ・インクルージョンプログラム

ダイバーシティ・インクルージョン1
「ダイバーシティ」は直訳すると”多様性”。

性別・人種・年齢・性格・学歴・価値観の違いにより生まれる多様性を受け入れ、
広く人材を活用することを「ダイバーシティ」と呼び、今、その推進がひとつひとつの企業に望まれています。
ダイバーシティ・インクルージョン2
いままでの日本社会では、均質性・効率性を優先すること合理的な経営戦略とされてきました。
しかし、グローバルな競争の激化や産業構造の変化の加速化、少子高齢化といった差し迫る外部環境の変化が起こっています。
その変化に対応していくために、「経営改革」として人材戦略を変革する必要に迫られています。

「グローバル人材の確保・活用」
「リスク対応・イノベーション創出」
「人材の母集団を形成」
etc・・・

その実現のための柱が「ダイバーシティ」です。

※経済産業省資料より
ダイバーシティ・インクルージョン3
「ダイバーシティ」は組織内に多様な人材がいることを
認め合うことです。

対して、「ダイバーシティ・インクルージョン」とは、
組織内に多様な人材がいることを認め合うとともに、
対等に関わり合いながら一体となり働くことです。

一歩先のダイバーシティ、
それが「ダイバーシティ・インクルージョン」です。
ダイバーシティ・インクルージョン4
・女性活躍
・障がい者
・高齢者
・外国人
・LGBT
・次世代

企業で働く従業員のみなさまが
さまざまな”多様性”を理解し、
「ダイバーシティ・インクルージョン」を
推進していくことを
JBMコンサルタントがサポートいたします。

「ダイバーシティプログラム」カリキュラム例

※カリキュラムはサンプルです。この他にも各種、プログラムをご用意しております。
※カスタマイズ可能なものもございますので、ぜひご相談ください。


※お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください