特化スキル

組織における報・連・相(ホウレンソウ/報告・連絡・相談)は重要です。その重要性と実践ポイントを講義やワーク、ロールプレイングを通じて習得いたします。報・連・相をしっかり行うことは、信頼関係の構築や情報共有、コミュニケーションの効率化等につながります。また、現場での信頼感の醸成や組織全体での効率化を図り、正確かつ効率的に業務を遂行するための上司や先輩からの指示の受け方を磨きます。
職場のコミュニケーションの活性化に貢献するための自己理解・他者理解の仕方を学びます。エゴグラム診断を活用して、自己理解・他者理解につなげます。職場のコミュニケーション活性化に向けた行動を、グループディスカッションを通じて体得していきます。
お客様やクライアント企業等の第三者機関との交渉をスムーズに進めるためのWIN-WIN-WINの関係になる応対力(交渉術)を習得していただきます。また、相手の言い分に対し、理解を示した上で、自社の主張をきっぱりと伝え(主張し)、双方の妥協点を提示する方法であるアサーティブコミュニケーションを学びます。
OJT指導でさらに良い成果を出すための考え方や手法を理解します。管理職に求められる役割を再認識します。成果が出るOJT指導の手法を体得します。ロールプレイングによりスキルのさらなる強化を図り、より実践的なOJT指導スキルを強化していきます。
マネジメント研修~ブラッシュアップ前編~の後編です。マネジメントの応用スキルである「業務改善(業務の見直し)」の基本、「課題解決(ロジカルシンキング)」および「プロジェクトマネジメント(メンバーをまとめて案件を行う)」の学習を通じて、マネジメントスキルのさらなる向上を図ります。
ビジネススキル強化研修~基礎編~のフォローアップ編です。企業人として必要なマネジメントの基本的な知識・スキルを深く習得していただきます。具体的には、ロジカルシンキングや課題解決の考え方を学び、ビジネススキルのさらなる強化を図ります。
管理職に欠かせない数値管理、予算管理の重要性を理解します。管理指標の見方、現状分析、考察(課題抽出)方法について学び、職場で活用できる実践スキルを養います。
初級管理職(係長・主任・リーダー)向けマネジメント基礎研修~基礎編~のフォローアップ編です。プレイングマネージャーとして活躍する初級管理職(係長・主任・リーダー)に必要なマネジメントの基本的な知識・スキルの一つである「部下指導」の仕方を実践演習により体得していきます。
プレイングマネージャーとしてマネジメントを行うためのマネジメントの基本的な知識・スキルを深く習得していただきます。プレイングマネージャーに必要な基本的な知識から実践的なスキルまでを修得します。ロールプレイングやディスカッションなど体感することで体得をめざします。他のメンバーとの意見交換により視野をひろげます。
管理会計の基礎を習得するとともに、数字を使った戦略思考をケースワークで身につけます。「会社の損益分岐点」など管理会計の基礎的な知識について、決算書を用いながら理解を深めます。数値を使った戦略思考にチャレンジすることで、数値への苦手意識を払しょくし、論理的思考力を高めます。
実践で必要となる問題解決力の礎となる論理的思考力を習得することを目的としています。問題解決の「横軸」「縦軸」についての理解を進めていきます。学習事項を問題解決のどの場面で用いるのが効果的かを合わせてお伝えすることで、頭でわかるだけではなく、実践ですぐに活用でき、役に立つスキルの習得を図っていきます。
職務を全うするために必要な調整力を磨きます。係長として必要な職務・職責をゲームなども通じて改めて認識します。業務調整のためのコミュニケーションとファシリテーションを学びます。業務調整と実習を通じて体得を図り、明日からの業務に活用していくことを目指します。
コーチングと他のカウンセリングやティーチングの違いを認識し、効果的なコーチングの活用方法・場面について理解を深めていただきます。その後、効果的にコーチングを行うための環境設定とはどのようなものなのかを体験を通して学んでいただきます。『傾聴』・『承認』・『質問』スキルをはじめとする、コーチングの実践スキルを多くの実習を取り入れながら体得していただきます。
指導対象者の「タイプの分け方」「自己のタイプ」「各タイプの特徴」について理解を深めます。各タイプにより、効果的な指導ポイントも異なります。それぞれのタイプに効果的な指導ポイントについて学びます。その後、特定の部下を想定し、部下指導のコーチング実習を行います。ロールプレイングをすることで、実践力を高めます。
「なぜ、部下育成を行うのか?」という重要性を理解した上で、部下育成に必要な職場内リーダーシップや心構え(「動機」「愛情」「関心」など)についても学びます。OJT指導の基本となる対象者が自信をつけるための「目標設定」について学習します。現場での基本的なOJT(1対1の部下指導)の場面となる「指示の出し方」「ほめ方」「叱り方」について有効な接し方を実例を交えながら解説します。
「なぜ、部下育成を行うのか?」という重要性を理解した上で、指導に必要な職場内リーダーシップや心構え(「動機」「愛情」「関心」など)についても学びます。OJT指導の基本となる対象者が自信をつけるための「目標設定」について学習します。現場での基本的なOJT(1対1の部下指導)の場面となる「指示の出し方」「ほめ方」「叱り方」について有効な接し方を実例を交えながら解説します。
部下育成研修~基礎編~のフォローアップです。管理職に必要なマネジメントを知るとともに、役割行動の一つである部下育成をより効果的に行うことができるようになることをめざします。部下が育つ仕事の任せ方を理解します。多様な部下との関わり方を学び、実践で活用する力を身につけます。
部下育成の仕方を習得します。まず、参加者の皆様に求められる役割認識を行います。部下育成の重要性を認識し、PDCAサイクルを回すことができるようになることをめざします。
部下が活き活きと行動し続けるための考え方と部下育成の実践ポイントを学びます。人間が行動するためには、“意識”“スキル”“知識”の3つの要素があること、意識の中にある意欲が行動を起こす原動力となることを学びます。その上で、意欲を行動に結びつける動機付けを行うための実践ポイントを学びます。
人間関係の基盤、信頼関係を構築するために欠かせない部下・後輩とのコミュニケーションの考え方とポイントについて学びます。部下や後輩に接する上では、日常会話(日々のコミュニケーション)で、部下とラポール(信頼関係)を形成し、成長会話(成長を促す言葉がけ)により、部下の成長を促していく事が欠かせません。ロールプレイングを通じて、「日常会話」「成長会話」「ラポール形成」の実践ポイントを習得していきます。
コミュニケーション基礎編のフォローアップ編です。入社後の業務を振り返るとともに、今後の業務で活躍する上で必要なコミュニケーションスキルのレベルアップを図ります。自身の業務経験を振り返り、更なるスキルUPのための気付きを得ます。伝達力向上のために、プレゼンテーション能力の向上を図ります。3年後の自身の目指す姿として「未来日記」を作成し、自身の指針とします。
社会人としてのあり方、行動等の基本的な知識を学ぶとともに、職場での社員同士の良好な協働関係を構築するためのコミュニケーションスキルを磨いていただきます。組織で仕事をすることの重要性と社員のみなさまに求められる要素を認識します。組織内の協働関係を良好にするためのコミュニケーションスキルを習得を図ります。ゲームやワーク、ロールプレイングなどで体感し、気付きを得る研修とします。
社会人として早期に習得しておくべき上司への「報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)」の重要性を理解し、具体的手法を身につけます。組織におけるホウ・レン・ソウの重要性を改めて理解し、自身の仕事ぶりを振り返ります。指示・命令の受け方を確認し、話を聞くスキルとポイントを習得します。ホウ・レン・ソウの行い方を具体的に学び、話すスキルとコツを習得していきます。
業務を効率よく進めていくための仕事の進め方についての、考え方やポイントを習得していきます。業務の効率化に向け、1人1人の仕事の進め方に対するレベルアップを図ります。チーム全体の観点から効率的な仕事の進め方と優先順位を決定します。情報共有を効率的に行うため、ホウ・レン・ソウについて共通認識を持ちます。
「社会人としての3つの基礎」とは、心構え(ビジネスマインド)、ビジネスマナー(基本姿勢)、ビジネススキル(コミュニケーション・仕事の進め方)です。社会人としての基礎を身につけ、企業のさらなる発展・繁栄に貢献していくことができるようになることをめざします。社会人に必要なビジネスマインドの醸成を図ります。ビジネスマナーの基本を理解し、社員として恥じない立ち居振る舞いを身につけます。周囲との関係構築に必…
職務遂行に必要なコミュニケーションの中でも、 “より分かりやすく伝える”ための説明力を磨きます。入社後~現在を振り返り、自身の職務・職責を改めて認識します。職務遂行に必要な、相手に分かりやすく伝えるための説明スキルの習得を図ります。3年後の自身の目指す姿として「未来日記」を作成し、自身の指針とします。
会社の中核人材とであるみなさまに必要となる基本的な知識・スキルを幅広く習得していただきます。中核人材となる中堅社員に必要な基本的な知識から実践的なスキルまでを修得します。ロールプレイングやディスカッションなど体感することで体得をめざします。他メンバーとの意見交換により視野をひろげていただきます。
接客応対や電話応対における、お客様とのコミュニケーションの重要性をお伝えいたします。また、信頼関係を築くためのコミュニケーションテクニックをお伝えいたします。コミュニケーションの中で必要な『聴く』手法を紹介します。質問スキルだけでなく、相手の気持ちを受け止めるフィードバックまで学び、適宜ロールプレイングを実施いたします。 また、お客様に説明をよりご理解いただき、提案にメリットを感じていただくための…
企業戦略とその実践についての考え方・手法を理解します。組織の戦略について理解を深めます。上級管理職(部長・トップリーダー)が習得すべき論理的思考の仕方を習得します。BSC(バランス・スコアカード)などを用いて戦略の実践方法を理解します。
職場のコミュニケーションの活性化に貢献するための自己理解・他者理解の仕方を学びます。エゴグラム診断を活用して、自己理解・他者理解につなげます。職場のコミュニケーション活性化に向けた行動を、グループディスカッションを通じて体得していきます。
業務のさらなる効率化を図るための考え方や手法を演習などを通じて体得します。組織のあるべき姿を確認し、業務効率化のゴールを見据えます。現場ですぐに実践できる業務効率化手法を身につけます。IE(インダストリアルエンジニアリング)の手法を習得し、業務効率を大きく向上させる力を身につけます。
ダイバーシティの取り組みを進めることの意義を認識し、年上部下・高齢者、女性などの力を活用するための手法を身につけます。ダイバーシティへの理解を進めます。その後、年上部下・高齢者、女性などの力を活用するための手法を、それぞれのケーススタディを通じて身につけていただきます。
モチベーションに関する知識を深め、モチベーション特性を把握します。自分自身や他者の感情を理解するために必要な概念であるEQや、IQとEQの違いを理解し、現状分析を行います。対人関係や物事の捉え方について「変えられるもの」と「変えられないもの」を理解し、健全な方向に向うための考え方や手法を身につけていただきます。
業務の効率化を図るためには、タイムマネジメントは必須です。タイムマネジメントの具体的な実施ポイントやフレームワークを習得します。また、タイムマネジメントにおいて重要である「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」を、実習を通じて習得します。
ビジネス文書の特性と役割から文書の種類、文書構成の6W3Hなど、受け取った相手に伝わりやすいビジネス文書作成の実践ポイントを学びます。その後、報告書作成の実践練習を行い、実践力を高めます。
プレゼンテーションの応用テクニックについて、実践を交えて習得します。プレゼンテーションチェックシートを用いて良い点・分かりにくかった点などをチェックします。自身のプレゼンを客観的に見て改善点を知ることにより、研修を受ける目的が明確になります。プレゼンテーションの核となる話の組み立て方やプレゼンテーションの展開のステップ4段階について、ポイントを踏まえ分かりやすく解説いたします。
プレゼンテーションの定義について認識、確認します。ビジネスにおけるプレゼンターに必要な3つのP〔Personality(人柄)、Presentation skills(話し方)、Program(内容)〕を学んだ上、プレゼンターに求められる資質と心構えについて習得します。話の組み立て方(論理構成)により、相手への伝わり方が変わります。ホールパート法、PREP法を紹介し、分かりやすい論理的な話の組み立…
クレーム応対の実践力を強化します。お客様との会話において、内容によっては企業として「NO」を主張する必要があります。「聞くことと受容することは異なる」という考え方、受けたクレームを更に大きくしてしまう要因、クレームを受ける側の間違った考え方について学びます。クレーム応対のプロセスと各ポイント、ゴール設定とストーリ作りのポイントを習得します。
クレーム応対のプロセスを図解し、クレーム応対のポイントとコツを知っていただきます。また、お客様を納得させるクレームの会話術やクレームの未然防止方法をお伝えしたします。自らがお客様役となってロールプレイングをすることにより、お客様の気持ちをつかむことができます。また、他の方がどのような悩みを抱え、どのようなクレーム応対をしているかをご理解いただけます。
お客様やクライアント企業等の第三者機関との交渉をスムーズに進めるためのWIN-WIN-WINの関係になる応対力(交渉術)を習得していただきます。また、相手の言い分に対し、理解を示した上で、自社の主張をきっぱりと伝え(主張し)、双方の妥協点を提示する方法であるアサーティブコミュニケーションを学びます。
組織における報・連・相(ホウレンソウ/報告・連絡・相談)は重要です。その重要性と実践ポイントを講義やワーク、ロールプレイングを通じて習得いたします。報・連・相をしっかり行うことは、信頼関係の構築や情報共有、コミュニケーションの効率化等につながります。また、現場での信頼感の醸成や組織全体での効率化を図り、正確かつ効率的に業務を遂行するための上司や先輩からの指示の受け方を磨きます。
TA(交流分析)とは、自分自身の傾向・タイプを知り、人との交流・関わり合い方を良い方向にしていくために効果的な分析であることを知っていただきます。 コミュニケーションの重要性に対して理解を深め、相手の話を正確に聴く姿勢・スキルを学んでいただきます。時には相手に対し、不利益(不都合)なことを伝えなくてはならない時もあります。その時に気分を悪くせずに受け止めてもらえる話し方を、実践的にご指導します。
電話応対における基本的な心構えについてお伝えします。また、電話での接遇用語の使い方や正しい言葉遣いについて理解していただきます。電話を受ける時・かける時の順序と注意点について、実際の場面を想定しながら段階に応じてポイントをお伝えします。電話の第一声から取次ぎの仕方・正確な伝言の受け方まで、基本的なスクリプト例をもとに練習をしていただきます。
実際の接客の場面でよくある受付・ご案内から、名刺交換・お茶出しのマナーについてポイントをお伝えし、講義だけでなく各場面ごとに実習を交えながら伝授いたします。 適宜ロールプレイングを実施することで、無理なく来客応対のマナーを身につけていただけます。 
実際の接客の場面でよくある受付・ご案内から、名刺交換・お茶出しのマナーについてポイントをお伝えし、講義だけでなく各場面ごとに実習を交えながら伝授いたします。 適宜ロールプレイングを実施することで、無理なく来客応対のマナーを身につけていただけます。また、電話応対の心構えをお伝えした上で、電話応対にかかせない重要なポイントを、実践を交えながら伝授いたします。
モチベーションに関する知識を深め、モチベーション特性を把握いたします。その上で、簡易なチェックシートを用いて、自身や部下がどのような時にモチベーションが上がるのか、下がるのか、また強み・弱みを分析し、同時に他の参加者のタイプやその特性を理解します。チーム全体が活性化するには、意識のあり方が重要になります。管理者自身、及び部下もチームの活性化に向けて行動するための動機付けや意欲を行動に結びつける考え…
ファシリテーションのスキルについて習得します。相手の主張の裏にある考えを引き出す質問スキル、話を促進するための傾聴スキル、全員参画型の会議を実施するための進行スキル、共通認識を持ちやすくするためのコツ(ホワイトボード等の活用法)、合意を得るためのスキル、会議全体を締めくくる際のポイントについて、適宜ミニ実習を交えながら習得します。
目標を達成するためのチームづくりの考え方、実践方法を習得します。チームビルディングの考え方、チームに必要な5つの要素「共通目的の設定/共有」「ゴールの明確化」「納得できる達成までのプロセス」「役割分担」「達成感の共有」について学びます。
トップへ戻る