医療・介護業界向けES(従業員満足度)調査・意識調査

■従業員満足度・意識調査(ES調査)とは

従業員満足度・意識調査(ES調査)とは・・・・・
従業員の業務や職場などに対する感情(満足感)を調査し、組織の活性化の状況を把握できます。  
つまり、組織の健康診断です。

従業員の意識を調べることで「今の職場の状態はどうなっているのか」
「どこに問題があるのか」を明確化し、レポートにまとめてご報告します。

■調査のメリット
1.経営課題がより明確になり、業績向上の一助になります
・経営者の思いがどれだけ伝わっているかを数値化できる
・ES(従業員満足)からCS(顧客満足)向上を図る
・定点観測で、モラールの変化をいち早く知る事ができる
・従業員のやる気に影響を及ぼす要因を知る事ができる
・従業員の生の声を把握することで、優秀な人材の流出防止を図る

2. 組織・チームの強み・弱みを把握出来る
・マネジメントや現場で起こっている問題を把握できる
・現場が知っている改善策を引き出すことができる

医療機関向けES調査実績とは
■独自の質問項目

■ 質問項目数
  当社独自の質問項目を65問用意しております。
  標準質問項目には、8つの自由記述設問を含んでおります。
  ※西暦2000年からの調査経験に基づき、時代に合った
    質問項目に改良を重ねて、ご提供させて頂いております。


■ 質問項目種類
調査分野は7分野を基本にしています。

1. 経営の方向性について
2. 直属の上司について
3. 仕事(担当職務)について
4. コミュニケーションについて
5. 能力向上について
6. 職場環境や福利厚生について
7. 人事制度について


■ 質問項目は看護学研究者および統計学の専門家などにより開発・監修されています。

元立命館大学経営学部教授の平井孝治氏の研究室で議論された調査内容に基づき作成している。

議論メンバーには、長年医療看護業界に従事し、看護専門学校教員も務めた
株式会社日本看護サービス代表取締役 餅田敬司氏をはじめ、
MBA在籍者、MBA取得者である看護師など看護管理者を経験した者が中心となり、
その他医師、社会学者が数多く参画している。

また、データ解析には、データ処理、統計処理を提供するナレッジデータサービス株式会社により、
重回帰分析や因子分析などの多変量解析を駆使した内容である。



■調査形式・分析内容
※調査形式とレポート内容のサンプルです。
医療機関向けES調査実績調査形式・分析内容
■分析方法①

満足要因の抽出ができ、強み・弱みが明確になる!

■ ESポートフォリオ分析 Portfolio analysis
従業員のやる気や生産性に大きく影響を与える満足・不満足要因を分析いたします。
不満である項目全てに対策をとることは中々できません。
本来なら全てに対策を取れれば良いのですが、費用や時間など問題もあり不可能です。
そこで必要になるのが、重点化です。 重点化(重要度)は質問項目と総合評価の相関係数で算出いたします。
満足要因は、組織の強みであり、不満足要因は、重点改善項目となります。
統計上信頼性のため20件以上の回答データが必要です。(分析対象=所属組織と全体)
医療機関向けES調査実績ポートフォリオ分析
医療機関向けES調査他社比較分析
■分析方法②

同業他社との比較分析ができ、課題が明確になる!

■他社比較分析 Others
製造業・卸小売業・サービス業・建設業・情報関連業・全業種の
当社においての業界平均やベスト企業との比較分析をいたします。
各業種200社以上のサンプルを保有しています。
総合評価の満足度が一番高い企業をベスト企業と位置
づけています。

■ その他の分析方法
総合評価分析 Summary
部門別・質問項目別分析 Question
インデックス分析 Index analysis
ロイヤルティ従業員分析 Loyalty analysis
年度比較分析 Comparison
従業員の生の声 Comment
■調査スケジュール

調査開始からレポート提出までのスケジュール(目安)は以下となっております。
設問内容やレポート内容により変動いたします。
医療機関向けES調査実施スケジュール
■医療機関ES調査実績

医療機関向けに実施したES調査実績を記します。

※調査項目等については各医療機関の要望により選ばれた項目で実施しているため
  同一設問項目ではありません。
医療機関向けES調査実績

お電話の場合は「06-6356-8522」までお問い合わせください

同一カテゴリのカリキュラム