疑似体験教材お取扱いはじめました

『高齢者』になると、若い頃とは違って思うように身体が動かず「できない」ことが増えていきます。
そんな高齢者の不便さを『高齢者疑似体験教材』を使って疑似体験をします。
『高齢者の音の聞え方』、『高齢者の見え方」等を疑似体験でき、『高齢者への応対』に活かすことができます。
『高齢者』になると、若い頃とは違って思うように身体が動かず「できない」ことが増えていきます。
そんな高齢者の不便さを『高齢者疑似体験教材』を使って疑似体験をします。
『高齢者の音の聞え方』、『高齢者の見え方」等を疑似体験でき、『高齢者への応対』に活かすことができます。
 - 『高齢者』の聞こえ方って?
    → 「イヤーマフ」を使って、聴覚の変化を体験します。

 - 『高齢者』の見え方って?
    → 「視覚障害ゴーグル」を使って、白濁、視野狭窄、黄変、全盲を体験します。
       ※ 白内障や黄斑変性症といった目の病気や、視野が狭くなる、全く見えない等を体験できます。

 - 『高齢者』の目線って?
    → 「前かがみ姿勢体験ベルト」を使って、前傾姿勢で高齢者と同様の目線と動きが体験します。

 - 『高齢者』の身体の動きって?
    → 「重り付ベスト」や「「ひざ・ひじサポーター」を使って、身体を動かす不便さを体験します。
少子高齢化は、今や大きな社会問題の一つです。
総務省統計局によると、2025年には『人口の30%が65歳以上の高齢者」であると予測し、
今後ますます「高齢者への対応」が強く求められる時代になるといえます。
JBMの『高齢者応対研修」では、これらの疑似体験教材を使って『高齢者』の不便さを体験していただきます。
体験した後は、『高齢者』への応対で必要なスキルを学びます。
『高齢者』の不便さを体験することでマインド醸成にもつながり、
「今すぐできる高齢者応対」として実践的な研修をおこないます。
疑似体験教材はこちら