【に】二要因理論

アメリカの臨床心理学者ハーズバーグが提唱した、モチベーションに関する理論。
仕事における満足度は、「衛生要因」と「動機づけ要因」の2つの要因によって決定されるとしている。

・「衛生要因」とは、「報酬」や「評価制度」、「対人関係」など、不足すると不満を抱くが、
 満たしてもモチベーションアップにはつながらない要因のことをいう。
・「動機づけ要因」とは、「達成感」や「承認」、「昇進」など、不足していても不満を抱くことはないが、
 満足感を得ることもない要因。

「衛生要因」と「動機づけ要因」の2つが揃ってはじめて、仕事に対する満足度が満たされるとしている。