【か】科学的管理法

アメリカの経営学者フレデリック・テイラーが発案した労働管理手法。

工場において、労働者の動きを詳細に観察し、1日における適切な仕事量(課業)を設定したうえで、
労働管理を行っていく。