【ら】ラッカープラン

アメリカの会計士であるアレン・ラッカーによって提唱された、企業における賃金総額管理の方法。

付加価値(利益)に標準労働分配率を乗じることで、賃金総額を算出する方法。

賃金総額管理の手法には、他に「スキャンロンプラン」がある。