【り】リアリティ・ショック

主に新入社員が、入社前に抱いていたその職場に対する期待と、現実とのギャップから受ける衝撃のこと。

リアリティ・ショックが大きいと、喪失感や無気力感が高まりやすい。