【お】オーバーオールレイティング法

人事考課において、相対的な評価項目を用いて行う評価方法。

一般的な職種や職位などに分かれて設定された項目に基づく評価とは別に、
横断的・共通的な評価項目(オーバーオールレイティング)によって評価を行う。