【は】ハロー効果(後光効果)

ある人物を評価する際、目立つ特徴に引きずられてしまい、
他の特徴に目が行かず評価に歪みが生じる、認知バイアスの一つ。

後光(ハロー)が差している状態として対象を見てしまっていることから、
「後光効果」とも呼ばれる。