【く】グラスシーリング

組織内において、能力があったり、成果を出しているにもかかわらず、
性別や人種などを理由に昇進できない状態を揶揄したもの。

直訳すると「ガラスの天井」。

透明で見えないが、現実に存在している障壁のことである。
人材育成用語集6(グラスシーリング)
「グラス(grass)」はガラス製品のことを、
「シーリング(ceiling)」は限度や天井のことをさします。

実績も資質もあり、能力が高いにも関わらず、
「女性であるから」「マイノリティだから」
という仕事の評価と全く関係のないところで評価され、
経営に関する意思決定の場に参画できなかったり、
能力開発の場を与えられなかったり、
上級管理職の昇進を妨げられたりする状況を
説明した言葉とされています。

「実力主義」や「女性活躍推進」などを謳い
あたかも天井がなく、障壁がないように見せかけているが、
実際は既成概念や凝り固まった企業風土など
固く越えられない壁が存在していることから、
見えない透明なガラス(grass)に例えられています。