【ち】中心化傾向

5段階評価で3点ばかりつけてしまうなど、評点が基準の中心に偏ってしまうこと。

人事評価などで評価者が起こしやすい評価エラーの一つで、「中央化傾向」ともいう。