第74回【若い人たちが使う言葉vol3】BY「ギリギリミレニアル世代」

2017年11月6日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
こんにちは。
ギリギリミレニアル世代 こと 通称GM世代です。


それでは、第三弾いってみましょう。
このネタも飽きてきたので今回がラストです。
では、いってみましょ。


■メンディー / ◯◯メンディー
めんどくさい
関口メンディー氏が使用していたメンディー語が流行。
「ごめんディー」「だめンディー」「うめンディー」など
他の言葉と組み合わせて使うこともできる汎用性の高さが魅力。


うーん。さすがに使うのがはずかしい。(年齢的に)


■秒で
すぐに
秒で
わかりやすい!


■エモい
哀愁のある/切なげな/エモーショナルな/感動する/いい感じの
「この曲、エモい..」「今日のライブ超エモかったよね!」など基本的に音楽に対して
ポジティブな意味で使われることが多い形容詞。音楽好きや音楽業界人の間で多用されます。

もともとハードロックにエモーショナルなメロディーが加わった音楽ジャンル「エモコア」が起源。
(1995年にシアトルのサニーデイリアルエステイトというバンドが確立したそうです)
しかし最近では「あのカップルの会話、エモすぎ!」「さんざんデートしたのに簡単にフラれる俺ってエモい」とか
ネガティブな意味含め、幅広い使われ方をされています。


これは知っていましたが、音楽以外でもつかうのですね。


みなさん。ご存知でしたでしょうか?
それでは次回は違うネタでお会いしましょう。