第44回【大阪クラシック】BY「姉さん」

2017年9月21日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
大阪クラシック」とは、
大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督大植英次のプロデュースによる大阪市中心部で開催される
クラシック音楽コンサート連続公演の企画(音楽祭)である。

2006年からスタートし、今年は12回目。
大阪フィルハーモニー交響楽団のほか、関西の4つのプロ楽団の団員による室内楽等の多くの演奏を
無料で聴くことができる。
今年は、9月10日(日)~9月16日(土)の6日間、大坂御堂筋と中の島界隈のオフィスビルやカフェ、
ホテルのロビー等を主な会場として演奏される。

大阪クラシック
ということで、行ってきた。
「無料」パワーとはすごい・・・
どの会場も立ち見でいっぱい
座って演奏を聴こうと思うと、1時間ぐらいは並ばないと座れない・・・

あちこちの会場で演奏しているため、いくつかの演奏を聴こうと思うと
スンプラリーのように、動きまわらなければならない。
市役所での演奏を聴き、次はスターバックスに移動して違う演奏を聴き・・

疲れた・・・
でも、堅苦しくなく間近で生演奏でのクラシックもいいもの。


プロデュースされた大植英次氏は、各演奏前に簡単な挨拶にたたれている。
そこでおっしゃっていたこと、

「クラッシックは『品格が高く』『敷居が高い』、
 でも大阪クラシックは 『品格は高く』『敷居は低く』
 をモットーにしているので、普段クラシックを聴かない方に楽しんで欲しい」


海外のいくつかの国々でも同様のイベントをおこない、
日本では大阪が最初で、今は広島でもおこなうことになったそう。
大阪クラシックうちわ☆
通常のクラシックコンサートとは違い、演奏者から曲の説明があったり、
軽いトークがあったりと楽しめる。
プロの演奏を無料で聴ける機会、タイミングがあえばぜひっ


一番聴きたい曲目は、平日の昼だ・・・・・・
いとかなし・・・