第171回【労務管理用語集つくる】BY「MJ」

2018年4月10日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
こんにちは。
企画担当MJです。
突然ですがわたくし・・・
昨年(平成29年度)の社労士試験に合格いたしました!
うぉぉぉぉおぉぉぉぉぉおぉぉぉおぉぉぉおぉぉぉお
・・・何回目の受験かは聞かないでください。。。

労務管理用語集つくる
ところで、社労士受験生を最後まで苦しめる科目をご存知でしょうか。

それは「厚生年金保険法」でも「労働基準法」でも、なんなら択一式問題でもありません。

あきらかに「労働一般常識の選択式問題」です。

この「労働一般常識の選択問題」。特に選択問題ではほぼ毎回、

・対策の打ちようがない超マニアック問題
・受験者の心をへし折りに来る鬼問難問オブジェクション
・想像のさらに斜め上を行くアクロバティック4択

が出されます。

こういう問題は勉強してきた人とそうでない人で差がつかないのです。

つまり試験対策上、「勉強しがいがない」科目なわけですが、毎回そんな問題しか出ないとは限らないので対策はしなければなりません。

しかも、人事労務分野を扱う者たるもの、社労士を受けたって受けなくたって、普通に備えておくべき基礎知識ともいえなくもない・・・。

そこで、問題集買ったり、セミナー受けたりして勉強するわけですが、範囲がべらぼう広い上に、勉強したところに限ってちっとも出てくれません。

しかも正式には「労務管理その他労働に関する一般常識」というはずなのに、「労務管理」に関する用語がびっくりするほど出ないのです。

昔はそこそこ出ていたようですが、それにしても「その他」の方が重要とはこれいかに・・・。
でも、出ない出ないと言われていると、突然出てきがちな悩ましい箇所でもあります。

そこで、現在絶賛(?)作成中の「人材育成用語集」フォーマットを使って「労務管理」に関する用語をまとめることにいたしました。

一項目1分くらいで読んでいただけますので、お仕事中に「労務管理」の勉強が全て終わってしまうかもしれません。

同じ「労一」でも、労働契約法のような法令や、有給取得率や育休率など統計問題対策に取り組んだほうが割がいいですからね。

社労士受験を考えている方もそうでない方も、人事労務に関わる全ての方へ、ほんの少しでもお役にたてれば幸いです。


労務管理『1分間』用語集
労務管理『1分間』用語集(通称:労1)はこちらです。

ではまたー。