第141回【いつの日か】BY「ちょり」

2018年2月26日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
いつもブログをみていただきありがとうございます。
ちょりでございます。

今回も横道シリーズ第2弾
オリジナルのご紹介です。
※スケールについてはいつ語るんだろうか…

今回ご紹介する曲は高校から大学生時代にかけて組んでいたバンドSAKURAの後半のほうの曲です。

このころにはオリジナルだけでライブができるくらいの量は作成していました。
基本は作曲が私なので、だいぶ似たり寄ったりと化していましたが(笑)

僕は悲しい詩を明るい曲調でやるのが好きなのですが、この曲はバラードです、ぶっちゃけレアです。
ということでお時間があれば聞いてください。

重ね録りにはだいぶ慣れてきましたが、ドラムとベースだけの状態でギター入れるのはやっぱり慣れがいりますね~。

実はサビのコード進行はある曲のパクりだったことが後に判明
さて、何の曲でしょうか、みんなで考えよう

----------------------------------------------------------------------------------------------

曲名:いつの日か
作詞:姉 作曲:ちょり
編曲:SAKURA

さまよう人ごみにまぎれ歩く 目指した人ははるか遠く
はかない指先にこぼれる希望 雲の上の空たどり着けるの

夢を語った仲間たちは今も日々のしがらみにもまれながら
確かな光を手にしているね Where do I GO?

会いたい いま会いたい
春の訪れに戸惑いがよぎる肩を
会いたい いますぐ会いたい
あの日暖かく包み込んでくれた人よ

誰もが歩んだ石段にさえ 踏み外す足に不安覚える
すくむ心取り残された世界 小さすぎる自分にあきれる日々

会いたい いま会いたい
雪解けの後 大地にたたずむ僕の

あいたい めぐりあいたい
いつもさりげなく背中押してくれた人よ

会いたい
春の訪れに戸惑いがよぎる肩を

会いたい
あの日暖かく包み込んでくれたあなた

----------------------------------------------------------------------------------------------