第10回【つれづれなるままに・・・】BY「いっちゃん」

2017年7月31日|カテゴリー「JBMスタッフブログ(社員ブログ)
いよいよ社員ブログの番が回ってきた。

そもそも、日記も書いたことない(小学校の夏休みの宿題以来である)、
SNSもやったことない、ので、何を書こうか、、

文体も、「である」調がいいのか?それとも「ですます」調の方がいいのか?
とりあえず「である」調でいくことにしよう。
つれづれなるままに・・・
美味しいランチ情報とか、そういった類のものは他の人に任せるとして、
私なりに感じたことを、書いていくことにする。

そういや、タイトルに書いた「つれづれなるままに・・・」は
徒然草の冒頭の言葉であるが、これは平安時代のブログみたいなものだろうか?

と思ってネットで調べてみると、
作者は吉田兼好、時代は鎌倉時代末期、だそうである。

「つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、
そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

現代訳
「することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日中、硯に向かって、
心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけていると、
(思わず熱中して)異常なほど、狂ったような気持になるものだ」

へえ~。
まさにブログ。


ではまた次回。