vol.39 :【デモ動画付き!】「LINEコネクト・電話との融合の無限の可能性について」 〈その2〉

2017年12月20日|カテゴリー「さつき先生 ,さつき先生アーカイブ
こんにちは、さつき先生です。
前回に続きCRMデモ&カンファレンスin東京からのお勧めシステム「LINEと電話の融合」の紹介をします。

今回紹介するのは、LINE電話で通話しながら、LINE画面連携するとこんな事が可能になります!という動画です。
AVAYAさんの担当者様から特別に頂いたデモ動画です。
最近の世の中では携帯で簡単にお互いの顔を見てのTV電話やスマートフォンを使えば、さながら手のひらサイズのパソコンに早変わり。
ある方が、今のコールセンターもシステムの進化がめざましく一昔前の近未来映画を見ているようと表現してましたが、まさに、そんな世界が現実のものになっています。
LINEでコミュニケーション
今回も、言葉で説明するより、まず実際にデモ映像を見てもらった方がわかりやすいので下記のデモ動画をご覧下さい。


(ダウンロード・ボタンを押してから視聴して下さい。ちょっと時間かかります!)



どうでしょうか? すごいと思いませんか! 
LINEコミュニケーションとLINE画面の両方を使ってこんなすごい事が可能な世の中です。

本当に、自動車事故を、初めて出かけた山の峠道や、見知らぬ場所で起こした場合、今自分がどこにいるかわからない?
事故の状況を言葉で説明しても気が動転していて上手く伝えられない?

という事があると思います。
でも、LINE連携コミュニケーションを行うと、そんな心配も解消してくれます。
操作一つで、LINE電話で話しながら、事故車両の写真も送れますし、位置情報を送れば自分が今どこにいるのか相手方にすぐに伝わります。
相手方も瞬時に事故情報を把握して担当者を現場に向かわせる手配も可能です。
そして担当者の顔写真も事前に相手方に送っておけば、当人も安心しますのでメンタルケアにも繋がります。

今回の電話は初めからLINE電話でのシーンでしたが、初めのコンタクトが一般携帯からの発信でも前回説明しました、下記のデモ動画の操作をする事で、一般携帯からすぐにLINE電話に切り替えが可能です。


前回も書きましたが、そして何といっても、これらの通話料金全てが無料なのです!
前回も書きましたが、既に国民の53.6%以上が使っているLINE(赤ちゃん・高齢者除くとかなりの高比率に!) 今後、その使い勝手の良さ、通話料無料という気軽さでどんどん利用率も増加していくと思います。

今回の事故受付では、LINE電話とLINE画面操作を加えて効率的に的確に処理していますが、今後、損害保険会社でこんなシステムが浸透してきたら、車にQRコードのステッカーを貼って、QRコードに携帯電話をかざせば自動的に事故受付のコールセンターにLINEコミュニケーションで繋がって、今回のデモ動画のようなやり取りが開始できればドライバーも安心できるのでは無いでしょうか?

今回は、自動車事故受付にLINE電話とLINEを組み合わせて活用する事例紹介しましたが、活用シーンは無限にあると思います。
皆さんのコールセンターでもLINE連携コミュニケーションを生かして、他社よりも一歩進んだ対応を検討してみてはどうでしょうか?

ごあいさつ

今年のさつき先生ブログは今回で最後です。
来年は1月10日掲載からスタートします。
来年はコールセンターにどんなトレンドや変革が待っているのでしょうか? 
日進月歩のように変化を遂げるコールセンターですが、まだまだ変革の波は始まったばかりのように思います。

今年1年を通し「さつき先生ブログ」をご愛読いただき、ありがとうございます。
来年も宜しくお願いします。

コンタクトセンター向けサービスはこちら