vol.29 :コールセンターCRMデモ&カンファレンス in 東京

2017年10月10日|カテゴリー「さつき先生 ,さつき先生アーカイブ
こんにちは! さつき先生です。

来月11月は11月9日と11月10日にコールセンター業界の最大イベントである「コールセンターCRMデモ&カンファレンス」が
東京の池袋サンシャインシティで開催されます。
コールセンター関係者にとっては、一年で一番の最大イベントになります。
前回のブログでも書きました、「2018年問題への備え~改正派遣法/労働契約法」の特別基調講演、時代のキーワード「AI」、
「チャットボット」で変わる顧客対応、未来像のテーマから、5年後のコンタクトセンター研究会の発表など、旬なテーマが盛りだくさんです。
コールセンター業界の方であれば、是非、基調講演、実践講座、特別セミナー、展示ブースなど貴重な情報を直接触れる機会ですので、
参加してみると良いと思います。



また実践研修講座では、社内では得られない特別な知識・Know-howを得られる良い機会です。さつき先生とJBMコンサルタントからも4つの実践講座を開催していますので、専門的な知識・know-howを学びたい方にはお勧めです。
実践研修講座は、11月7日、8日、9日の3日間で実施されます。
コールセンター運営の基本知識とマネジメント入門講座

私は「コールセンター運営の基本知識とマネジメント入門講座」の研修で、
ここ1年以内にコールセンター管理者を始めた新任のSVからマネジャーやセンター長、また、長年センター管理をしているがもう一度基礎からコールセンター運営全体を学びたいとい管理者の方にお勧めです。
基礎的な内容から実践的な演習まで幅広く学べる研修になっています。

実践!KPIマネジメント・課題解決研修
もう一つ、(リニュアル)「実践!KPIマネジメント・課題解決研修」
過去10年「KPIマネジメント100本ノック研修」として実施してきた研修を今回問題の「リニュアル」を行いました。
応答率、稼働率、処理時間の最適化の演習問題からシフト最適化問題も今回加え、
どういうロジックで改善をしていくのか?
実際のKPIレポートの数字を読み取りながら演習問題に取り組みます。

高齢者対応研修

次に、これも最近人気のテーマですが「高齢者対応研修」
日本も少子高齢化の時代の流れで、高齢者対応がどこの企業・コールセンターでも重要視されてきました。
この高齢者対応は、実際に「高齢者の擬似体験キットを装着しての体感学習から、高齢者の方が聞こえる声を
イメージできるなどの体感型の研修を取り入れているのが大きな特徴です。

はじめてのモニタリング&フィードバック講座

最後のはじめてのモニタリング&フィードバック講座」では、コールセンターですぐに実践したい
モニタリング・フィードバックについて学びます。
「モニタリングは何のために行うのか」「どんなコールを選んでどのように聞けばいいのか」などを、
一から詳しく学ぶことができます。現場にもどってから『すぐに実践できる!』のが好評を得ています。


是非こういう機会を利用して、知識の拡充とネットワーク作りをしてみるのも良いです。
こういう公開研修のメリットは当然ながら、自社にいると学べない専門的な知識・経験に裏打ちされた話が聞けるのもメリットですが、
同業・異業種のコールセンター関係者が集まりますので、そこで他社センターでの運営状況の話や、ネットワーク作りも大きなメリットです。
こういう公開研修をきっかけに、お互いのコールセンター見学会を行うなどの相互交流も活発に行われているようです。

有料の実践講座の他に、無料のセミナーや基調講演などもまだ席に余裕がありそうです。
長年悩んでいた事とか、業界では当たり前の知識・認識が無かった事で、今の運営に支障をきたしている事が実は沢山ありますので、
このような実践研修1日であっても、目からウロコ!のように、明日から役立てる知識・お話が詰まっています。

オープンセミナー