第15回 『勤怠管理システムの活用レベルとは?』 Author:落合 敏宏

2017年12月6日|カテゴリー「ゲストブログ ,ゲストブログアーカイブ
レベル

『勤怠管理システムの活用レベルとは?』

勤怠管理の業務を行う上で非常に便利な道具が、勤怠管理システムです。
今回のコラムでは、その道具の活用内容をレベル分けしてみましたので、
参考にしてみてください。
   レベル1. 勤務時間の客観的な記録が実現される
   レベル2. 勤怠管理業務の効率化が実現される
   レベル3. 勤怠管理の情報が活用される
   レベル4. 業務改善活動が活性化され生産性が向上する


レベル1.はシステム導入と打刻の習慣ができれば実現できます。

レベル2.は時間集計はもとより、申請書との連携、休暇管理がシステムで処理されますので、人事担当者として明かに業務改善を実感できます。

レベル3.に達すると、現場でのリスクリスクマネジメントとしての情報として活用が始まり、労働時間の認識が変化し、生産性を意識できるようになります。

レベル4.を実現する為には、企業としての体質改善が必要で、人の評価方法や現場からの改善活動を誘発する仕組みを作成する必要があります。


既にシステムをお使いで、勤怠管理システムに不満や違和感がある場合には、レベル2.のイメージに対し、レベル1.の活用しかできていないと思われます。
その場合は、まず、システムの入れ替えではなく、自社の業務フローを疑ってみましょう。


 

  
プロフィール