第70回【ギターについて】BY「ちょり」

2017年10月30日|カテゴリー「スタッフブログ過去ログ
いつも社員ブログを見てくださり、ありがとうございます。
ちょりでございます。

前回はバンドの話をしておりましたが、今回は私の持っているギターについてお話ししようと思います。

初期ギターは知人からのもらいものでした。
この当時は購入してまで練習しようとは絶対思わなかったです。
※むしろ嫌いでした、全然弾けないので…。

そして大学に入るくらいにはある程度、好きな曲を弾けるようになり、ようやく、ギターが楽しく感じて来たころに、新しいギターを購入しました。

姉が入学祝として一部協力してくれました。
その時から今に至るまでの約20年弱、実はずっと同じギターを使っています

ギターを変えるだけで勿論音は大きく変わるので新しいギターがほしくなるのが一般的なのですが、初めて自分で手に入れたギターなだけに愛着があったのかもしれませんね。
ブレずに20年弱です

ほしい音に近づけるためには「改造」という手段を取りました。
特に電気部分ですね、はんだこて片手に。
電気部分でいじれるのはギターの音を拾うピックアップという部分、音を前側で拾うか後ろ側で拾うかを変えるスイッチ、音量を変えるボリューム、音色を変えるトーン、あとはそれぞれのパーツを繋ぐためのコード類、大きくはこの辺りです。

ひたすら交換して試しました。

一番音色の影響を受けるのが、マイク部分にあたるピックアップという部分です。
現在落ち着いたのが、ギブソンというメーカーのレスポールといわれるパワー型ギターの純正ピックアップを後ろ側にとりつけたものです。
細身のギターのくせになかなかのパワー感です。
これがそのギターです。
シルビアのバックルは昔乗っていた車からとって、こちらに付けました。


マイフェイバリットギターシルビア号です。

本当にひきやすいギターです。
あまりに長く持ちすぎているので、他のギターが弾きにくくて仕方ないです。

今は実家においていて練習の時だけ持ち出すので手を加えてはいませんが、今の状態が一番ありです。

ちなみに住んでいる家には練習用で1台あります。
JUDY&MARYモデルのギターです。
こいつも24,5歳の頃に友人にもらったギターですが、こいつも中身はごそっと変えております。

はい、ということで収拾がつかなくなってきたので、まとめてみます。(笑)

私はかなり飽きっぽい性格なのですが、自身の人生で唯一続いているのがギターです。

どんな些細なことでも続けていると、そのネットワークだったり、縁だったりそういったものが広がっていきます。

今の仕事についてまだ4年ほどですが、人生のほとんどを使うのが仕事だと思うので、ギターのように続けていって、色々な縁を広げたいものです。

はい。(笑)
(すいません、全然まとまってないですね)
次回はエフェクターについて話してみます。